12月の和菓子づくり 無事終了

12月の和菓子づくり 無事に終わりました。

 
季節の和菓子は「雪うさぎ」でした。
・わぁ〜 可愛い
・わたしのは ウサギに見えるかしら
と、作る前からワクワク ドキドキでした。

 

胴体は、小豆餡を白生地で包餡して、涙型に成形しました。
・ウサギさんになるかしら

 

白生地を丸めて、シッポを付けました。
・どこに付けようか
・シッポが付くと可愛いね

 

抹茶で着色した生地を指先で伸ばして耳を作ります。
・難しいね
・長い耳にしようかしら
・耳 立てようかな

 

ピンク生地で目を作ります。皆さま真剣な眼差しで。
・どこに付けようか
・ウインクしてるみたい
・怒っている? 笑っているね!

 

 

皆さん、それぞれに可愛い「雪うさぎ」にニッコリ。
そして、美味しさにニッコリしていただきました。

 

 

今年、初めて参加された皆様、ずっとご参加いただいている皆様、ありがとうございます。

 

寒さも厳しくなってきます。

どうぞ風邪など引かれないように、お気をつけてください。

2020年前半のスケジュール

11月も残すところ、今日を入れて5日となりました。

 

12月に予定している

和菓子づくり と 茶道入門 で

2020年前半のスケジュールをお渡しできるよう、

パンフレットの作成を進めています。

 

 

それぞれの日程はこのように考えています。

◆和菓子づくり

開催日時間受付期間参加費内容定員
1月お休み
2月14日(金), 15日(土), 16日(日)10:00-12:00, 14:00-16:002月 7日まで1500円季節の和菓子と打ち菓子5名程度
3月13日(金), 14日(土), 15日(日)10:00-12:00, 14:00-16:003月 6日まで1500円季節の和菓子と打ち菓子5名程度
4月10日(金), 11日(土), 12日(日)10:00-12:00, 14:00-16:004月 3日まで1500円季節の和菓子と打ち菓子5名程度
5月8日(金), 9日(土), 10日(日)10:00-12:00, 14:00-16:005月 1日まで1500円季節の和菓子と打ち菓子5名程度
6月12日(金), 13日(土), 14日(日)10:00-12:00, 14:00-16:006月 5日まで1500円季節の和菓子と打ち菓子5名程度
7月10日(金), 11日(土), 12日(日)10:00-12:00, 14:00-16:007月 3日まで1500円季節の和菓子と打ち菓子5名程度

 

 

◆茶道入門

稽古日時間申込期間稽古料定員
睦月お休み
如月21日(金), 22日(土), 23日(日) 午前(10:00-12:00), 午後(14:00-16:00)2月13日まで1500円それぞれ4名程度
弥生20日(金), 21日(土), 22日(日)午前(10:00-12:00), 午後(14:00-16:00)3月12日まで1500円それぞれ4名程度
卯月17日(金), 18日(土), 19日(日)午前(10:00-12:00), 午後(14:00-16:00)4月 9日まで1500円それぞれ4名程度
皐月15日(金), 16日(土), 17日(日)午前(10:00-12:00), 午後(14:00-16:00)5月 7日まで1500円それぞれ4名程度
水無月19日(金), 20日(土), 21日(日)午前(10:00-12:00), 午後(14:00-16:00)6月11日まで1500円それぞれ4名程度
文月17日(金), 18日(土), 19日(日)午前(10:00-12:00), 午後(14:00-16:00)7月 9日まで1500円それぞれ4名程度

 
 

パンフレット作成が4年目となりました。

本当に早いものです。

いつも来てくださっている方も

時々来てくださっている方も、

そして、これから考えてくださっている方も、

楽しく過ごしていただけるようにこれからも頑張ってまいります♡

11月の茶道入門 無事終了

 

11月の茶道入門、無事に終わりました。

 

11月は 炉開きです。

 

お軸は「壺中日月長」
お花は「秋明菊、照り葉」

 

お稽古の後、

松風の音を聴きながら、ぜんざいで一服していただきました。

 

茶人のお正月とも言われる”炉開き”

いつもと雰囲気が変わります。

 

生徒さんからお稽古の後にご連絡を頂戴しました。

炉開きの雰囲気、茶道入門の場の空気など、

緊張の中でも有意義な時間を過ごされたようです。

そのように感じていただき、とても嬉しく思いました。

 

今回、ぜんざいを用意いたしました。

亥の日、亥の月が「陰」ですので

あずき、という「陽」のものをいただく。

 

令和初めて迎える炉開き、美しい調和が続きますように。

11月の和菓子づくり 無事終了

11月の和菓子作り、無事に終わりました。

 

季節の和菓子は「りんどう」を作りました。

 

出来上がった「りんどう」を見て

・りんどう、ステキですね♪
・この色は、着色じゃ無いのですか!!
・紫芋だけの色ですか!?!?!?

 

「りんどう」を作り始めると

・お芋の香りが良いですね~~
・芋生地はポロポロと割れますね。。

 

花びら作りに入ると、
真剣な表情になり 指先に集中して

・うーむ 難しい
・「りんどう」に 見えますか

 

花芯を入れると

・わあ〜「りんどう」になった
・なかなか良いね
・食べるのが もったいないね

 

試食では

・美味しいですね
・甘さも 色も 上品ですね
・紫色に「りんどう」は、ピッタリですね

 

 

 

今月の「りんどう」は、
花びら作りに悪戦苦闘しながら作り上げただけに、
完成した「りんどう」を見て、満足されていました(^^)v

10月の茶道入門 無事終了

 

10月の茶道入門が 無事に終わりました。

 

お軸 「山高故不貴」
お花      フジバカマ・イヌタデ・ビロードトラノオ
花入れ 手付篭(唐物)
香合  桐木地 銀杏

 
茶室に入ると
・秋を感じます
・風炉のお点前は 今日までですね
・銀杏の香合 一枚が金色なんですね

 

皆さんの呟きから 秋を感じていただいたことに 嬉しいです。

 

亭主の丁寧なお点前で お抹茶の細かい泡がこんもりと立ちました。

「とても 美味しいです」の正客の言葉に

亭主に 笑みが浮かび、茶室は和気藹々

 

お稽古を終えた方から、メールを頂戴しました。

月1回のお稽古への想いや

茶人のお正月とも言われる炉開きのことにも触れてあり、
茶道に取り組む姿勢などが伝わってきました。

 

和敬清寂がみなさんへ伝わるようにこれからもご指導してまいりたいと思います。

10月の和菓子づくり 無事終了

 

10月の和菓子作り 無事に終わりました。

 

季節の和菓子は「栗の実」でした。

 

茹でたアツアツの栗を割り、スプーンで取り出します。
・大きい栗ですね
・これだけでも美味しそう。
・今年は栗が取れる年ですか!

 

皆さん、茹でた栗を一生懸命に裏ごしされ 水あめを加えて栗あんを作りました。

 

いよいよ 小豆あんの練り切り生地を手の平に広げて 栗あんを包み、更に茶巾で包んで 栗の形にしました。
・簡単に見えたのに 難しいよね
・栗の先の とんがった形が出来ない
・これ 栗に見えるかね

 

上南粉を付けると完成‼️
・わぁ〜 栗に見えるね
・美味しそう
・上南粉の炒った香りも良よね
・「栗の実」美味しい‼️
・最高‼️
・もう1個食べちゃいます

 

皆さん「栗の実」の美味しさに感激していただきました。

9月の茶道入門 無事終了

9月の茶道入門、無事に終わりました。

 

お軸は「月清千古秋」
お花は 早朝の散策で見つけた「ひるがお ・ススキ」にしました。

 

 

7月のお稽古後に生徒さんどおしで

「点茶盤に荘ってある風炉釜、水指、杓立、建水、蓋置を眺めると、

気持ちが引き締まると同時に、穏やかになります」

などなど、会話が聞こえてきました。

 

立礼式の設えに、それぞれが感じていただき、とても嬉しく思いました。

 

 

そこで、

今月のお稽古は7月に引き続き、立礼式で行いました。

 

 

柄杓は、杓立に仕組んでおきますが、

扱いは 風炉と同じなので、皆さん 柄杓の扱いを熱心に取り組まれました。

 

9月のお稽古は、台風の影響で1日だけお休みにしました。

暴風警報のため、お稽古のお休みをご連絡したところ、

お稽古を楽しみにいただいていた様子。

 

10月も季節を感じながらお稽古していただきたいと思います。

 

10月の和菓子づくり ご案内

栗には「とげ」があります。
あのウニのような「とげ」には名前があるんです。それは「イガ」漢字では毬と書きます。

 

毬栗(イガグリ)というのは、

「イガ」に包まれたままの栗の実のことを言うんですね。

 

毬栗頭(イガグリアタマ)というのは、

栗のとげ「イガ」のように髪の毛が短く、丸刈りにした頭のこと

 

 

トゲトゲの中にある栗は、鬼皮をむき、渋皮もむき、

と下準備に手間がかかりますが、

 

今回は小豆餡と栗で「栗の実」を作ります。

 

 

参加申し込みや詳細はこちらをご確認ください。