夏野菜を食べましょう!

夏です。夏です。

夏野菜を食べましょう。
トマト、キュウリ、ピーマン、ゴーヤ、ナス、トウモロコシ、カボチャなどなど。

 

1d1940c82953509b50a4e1706e98775d_s

トマトの赤はリコピンと言う成分のせい。このリコピンには、抗酸化作用があるとされています。加齢によって、シミやそばかす、しわ、たるみといった老化現象が進みます。リコピンによって、身体の錆・老化対策をしましょう!

 

 
c743795331979b3661ff413a7a4ee8da_m

キュウリには、夏場、汗をかいて不足しがちな水分とカリウムが多く含まれていますそうです。身体を潤しましょう!

 

 

ba0eb2458b715bd0ad5de9d9b324976c_m

なすは、ビタミンB群、ビタミンC、カリウム、鉄、カルシウム、食物繊維と幅広く含んでいるそうです。茄子の紫色は、アントシアニン系色素「ナスニン」で、ポリフェノールの一種。活性酸素や過酸化脂質を抑える働きがあるそうです。
また、「コリン」と言う成分が、血管を拡張させて、血圧を下げる働きがあることから、高血圧予防にも。
焼く・煮る・揚げる・蒸す・漬けるとさまざまな方法でポリフェノールをゲットしましょう!

 

 

213a9fc9b7169830f0bd87793263b824_m

かぼちゃは、冬のイメージが強いのですが、実は夏野菜なのですね。ベータカロチンが多く含まれていて、コレステロール値を低下に一役買ってくれるそうです。

 

 

(抗酸化とは

人間は空気を吸って生活しています。空気の21%は酸素です。酸素は体の中で栄養素と結びついてエネルギーを作り出します。ところが体の中に入った酸素がすべてエネルギーを作るために使われれば良いのですが、使われなかった分は酸化してしまいます。簡単に考えると「さび付いた状態」になるということです。金属にさびが出た状態を想像してください。それと同じ現象が体の中で起きると考えてください。一度酸化がおき始めるとどんどん連鎖反応で進んでしまうのです。

体の中の機能がさび付くと正常な働きが出来なくなり、糖尿病、高脂血症、肝臓の機能の低下などなどの生活習慣病といわれる問題が起きてきます。体の中を錆付かせないようにするのが「抗酸化作用」(酸化を抑える作用)と言えます。つまり、活性酸素を取り除き、生活習慣病を予防や老化を抑えることです。

動脈硬化や、ガンなど生活習慣病、白髪やしみ、しわなど老化の原因で、肝臓にもっともたまりやすいといわれています。

日本抗酸化学会 「抗酸化とは」より http://www.jsa-site.com/about_kousanka.htm

 

 

他にも、ピーマン、ゴーヤ、トウモロコシ、オクラも夏野菜ですね。
夏野菜を食べて、夏の強烈な紫外線にも負けない身体づくりを☺

団扇(うちわ)のこと

携帯ショップ、銀行、駅前、、、いろんなところで団扇を配っている時期になりました。
パタパタを仰いで、自然の風で涼んでいい気持です。

漢字で書くと「団扇」です。

団扇は古墳時代に中国から伝わったそうです。
そのころは、祭りごとに使われたり、位の高い人々が光などを遮るためにかざすものとして使われていました。
祭りごとでも使う、ということからも団扇は穢れや災いなどを払う力があると神聖なものとしてとらえられていたようです。

このころは「翳(さしば)」と呼ばれていたそう。
それが、中世・鎌倉時代になると庶民も団扇が広がり、くらいが高い人々の間では、高級な絹や皮を使った団扇が好まれたようです。

室町時代になると、扇や団扇をキャンバスにとらえて水墨画を描いたものも増えてきます。夏、軸の替わりに団扇を飾っているところもありますね。

近世、江戸時代に入ると、「あおぐ」ために「蚊を払う」ための道具として使われるようになったそうです。

 

漢字の「団扇」は中国語だそうです。「うちは(打ち羽)」に対応する文字として当てられたとか。

 

 

参考URL
「うちわ(団扇)」 の由来 http://www.yuraimemo.com/2850/
うちわの語源 http://www.maniserodelasalsa.com/etymology.html
語源由来辞典 http://gogen-allguide.com/u/uchiwa.html
団扇は、ただ「あおぐ」だけでないってご存知でしたか。 http://wanosuteki.jp/post_14283