七夕(しちせき)の節句

1年に5回ある「五節句」。
それぞれに花が当てられてます。季節ごとに邪気を払ってくれると考えられている植物です。

1月7日 : 「七草の節句」 七草粥で新年を祝う「人日(じんじつ)の節句」
3月3日 : 「桃の節句」 ひなまつりとして有名な「上巳(じょうみ・じょうし)の節句」
5月5日 : 「菖蒲の節句」 男の子の成長を祝う、こどもの日「端午(たんご)の節句」
7月7日 : 「七夕(たなばた)の節句」 おり姫、ひこ星の物語 笹
9月9日 : 「重陽(ちょうよう)の節句」 菊花の香りの酒で月をめでる

(5月5日に掲載した「こどもの日」http://latta.jp/notice/childrens-day/ にも掲載)

本来は、7月6日の夜に、願い事を書いた短冊を付けた笹竹を飾り、7日朝に川に流すそうです。

笹竹につるすのは、中国の習わし(乞巧奠(きつこうでん)が関係するようです。
竹竿に糸をかけて裁縫や習字などの習い事が上手になるように星に祈るとかなえられるというもの。

そして、実は、七夕の日、それは「そうめんの日」。

醍醐天皇の時代に、宮中の儀式・作法などをまとめた格式が3つあります。そのうちの一つに「延喜式(えんぎしき)」というものがあります。
その「延喜式」によると「そうめん」の原型といわれる「索餅」(さくへい)が、旧暦7月7日の七タの儀式に供え物の一つとして供えられたと記述してあるそうです。

それ以来、宮中における七夕の行事に「そうめん」が欠かせない供え物とされていたようです。1982年(昭和57年)に全国乾麺協同組合連合会は、7月7日「七夕・そうめんの日」と決めたそうです。