乾燥ひじきを使い切る

1日目

豆腐入り鶏つくね、アボカドのポン酢たれ、ひじき煮、コンソメスープ

2日目

プルコギ、ちくわとこんにゃくの煮物、ひじきとほうれん草、お麩の味噌汁

印刷用はこちら 乾燥ひじきを使い切る.pdf

 

2日間で「乾燥ひじき 1袋」を使い切ります。

乾燥ひじき、便利だけど、一度に使い切ることは少なくて、輪ゴムとかで止めて保管されてる。
「あれーー、これ、いつ使った?」って思っているうちに、賞味期限が切れていることもありません??

なので、今回は「乾燥ひじき」を使い切りメニューです!

 

2日間のメニュー 買い物リスト (材料4人分)

まずは、買い物。
行く前に、不必要な”お得なものたち”を買わないように、メモメモ。

で、買い物エリアごとにメモをするのも時短のコツ

◆肉・魚エリア

  • 鶏挽肉…200g
  • 牛肉薄切り…400g

 

◆野菜エリア

  • サツマイモ …2分の1
    (1本を購入して、今回のメニューでは半分使って、残り半分は、クリームチーズと和えてサラダにする)
  • 長ネギ…1本
  • エリンギ…1本
    (だいたい2,3本入りで売ってる。今回のメニューでは1本を使って、残りは、バターソテーにするとか)
  • アボカド…1個
  • 人参 …2本
    (だいたい2,3本入りで売ってる。今回のメニューでは2本使って、残りは、お味噌汁に入れたり、蒸してポン酢とマヨネーズでサラダとか)
  • カボチャ …8分の1(1/4を購入して、今回のメニューでは半分使って、残り半分は、朝ごはんのお味噌汁とかに入れる)
  • 玉ねぎ…2個
    (バラで売ってたり、4,5個で売ってたり。今回のメニューでは2個使って、余ったら、お味噌汁に入れるとか)
  • もやし…1袋
  • にら…1束
  • ほうれん草…1袋(今回のメニューでは、半分を使って、余りはお味噌汁とかオムレツとか)

 

◆豆腐、練物エリア

  • こんにゃく…1枚
  • 絹豆腐…150g
  • ちくわ…4本(5本入りでもOK)

 

◆乾燥物エリア

  • 芽ひじき…1パック(だいたい20gとか25gとか)
  • こんにゃく…1枚
  • お麩…5,6個(今回のメニューでは5,6個。お麩は袋で売ってるので、残りは朝のお味噌汁にいれたりパン粉の代わりに使ったり)

 

◆調味料

  • しょうが(チューブ)
  • にんにく(チューブ)
  • みりん
  • しょうゆ
  • コチュジャン
  • だし
  • 片栗粉
  • ポン酢
  • 砂糖
  • ごま油

 

 

買い物かごは、こんな感じ。
イオンとかイトーヨーカドーとかスーパーで売ってる300円のカゴ。

これをレジに持っていけば、袋詰めは不要(^^)v
レジが終わったら、そのままカゴをもって帰りましょう♪

すごいきれいに詰めてくれるし、時短。

難点といえば、「これはビニール袋に入れたい!」って思うやつがあっても、後でかごを掘り返してビニール袋に入れることになる。。。けど、そこまで気にしなきゃ、問題なし(^^)/

IMG_3288

 

洋服は肩で着る

夏に向けて、洋服が薄手のモノに衣替え。

街中を見ていて、どうも洋服がしっくりこない。。。なんでだろう。なんでだろうって考えていて、お世話になっているトレーナーの方に聞いてみました。

すると即答。 「姿勢ですね。洋服は肩で着るって言われます。猫背だったり姿勢が悪いとどうしても洋服がしっくりこないんです」 とのこと。

たしかに、型が水平にすっとしている人(ちょっとくらいは肩パッドがあってもいいのかもしれない)だと、洋服がすっきり見える。

猫背にならず、鎖骨も浮き出して、まっすぐ姿勢よく自信のある姿だと洋服は来た時にしっくりくるんでしょうね。
ハンガーにかかっている状態が洋服にとってきれいに見える状態なのでしょう。

トレーナーの方曰く、「姿勢が良いと、胃や腸が正しい位置にくるので、必要以上に食べる気持ちが起こらなくて結果的にダイエットにつながります」とのこと。

姿勢よくするだけでダイエットもできるなんて、一石二鳥!
「姿勢 ダイエット」で検索すると出てくる出てくる。たくさんの検索結果。。。

  • 運動ゼロでおなかのくびれ
  • 太ももダイエットの秘訣は正しい姿勢
  • 痩せるには姿勢を矯正するだけ
  • 脂肪を減らして体を引き締める姿勢の作り方

などなど。。。。。 姿勢をよくすると良い効果がありますね。

 

また、「スーツは肩で着る」という言葉もあるようで、
これは、肩でスーツの重量を分散して重量を感じさせずに着るということらしいです。

Yahoo 知恵袋 スーツは背中と肩で着るもの。という言葉を聞・・」によると、

  • 肩に乗せると体幹で重さを支えられる
  • 肩にかけると、スーツの重さが前後に分散するので、手に持ったときより軽く感じるようになる

ってことらしいです。

 

「男性の着物は腰で着る」という言葉もあります。

へそ下やウエストではなく腰骨あたりで帯を締めると腹が据わって、背筋がぴんっと伸びる。かつ、胸が張るのでとても清々しいです。

女性の着物がきれいに見えるポイントは「帯」「衿」「裾」。

  • 帯は、帯〆、帯揚げ
  • 衿は、半衿の出し方、衿の抜き方
  • 裾は、前から見た時と後ろから見たとき

和文化教室 美しいきものの着方・・・   ワンポイントアドバイスより)

 

そろそろ花火の季節。気軽に着物・浴衣が楽しめる季節になります。