楽卓の食卓

100年先の子どもが安心してご飯を食べられるように。

この楽卓で食事サイトを始めたころの私は

「便利に+簡単に+バランスよく 食べる」 を考えてご飯を作っていました。

 

それでいいの?

と私に「?」を投げかけてくれたのは、

 

添加物の神様 安部司さんの本「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物です。

 

 

そんな安部さんに起こった ミートボール事件 は、
添加物の神様とまで言われた 安部さんが添加物を駆使して生産者 “作る側” から、添加物を 消費者 “食べる側” になった事件です。

 

ご自身が添加物た~~~っぷりに入れて固めて作ったミートボールを愛娘さんが美味しい(^_-)と言ってパクパク食べていたとか。

 

恥ずかしながら、2017年9月まで 安部さんのことも、添加物のことも、何も知らず、無知な私でした。

それが、1週間のメニュー vol.22までに溢れています。

 

例えば、、、
出汁。顆粒だし。ガラスープ。

 

本当は、過去の恥ずかしい記録なので、1週間メニューを削除しちゃおうか!とも思いましたが、これも私の一部と思って残します。
調味料を見直して、今でも作っているメニューもたくさんありますし。

 

 

使ってきた野菜達。

1円でも安いもの が いい。

という「いい」は一体何なのか。

 

今の目の前、その日のご飯が1円でも安く作れることがいいことなのか。

「安かろう 悪かろう」という言葉もあります。

 

飲んだ水分で身体を回ります。
食べた物で栄養分を吸収します。

 

つまり、食事はその時のもの、ではなく、30分後 2週間後 の身体を作る未来につながっているということなのです。

 

2週間後を考えたとき、どんな食事を今食べるのか。

 

 

そんなことを頭の片隅に入れて、どんなものを作ろう、食べよう。

100年先の子どもが安心してご飯を食べられるように。

 

 

 

 

そして、もう一つ 「おうちごはん」 です。

食事時間は、朝食25分、昼食34分、夕食43分だそうです。
本来、1日の中で一番ゆっくりと食事時間を楽しめる夕食。

女性は炊事などの「食事の管理」の時間が「家事」時間の約半分を占めるというデータもあります。
「食事の管理」は、料理と食器洗いなど。(子供と家族に関する国際比較調査(概要) – 内閣府より)

 

作るのに毎日毎日メニューのことばかり考えて負担になるのであれば、
それはストレスになっちゃいます。

買い方と作り方が参考になると嬉しいです!