タビビトノキ(旅人の木)

 

先日、

三陽フラワーミュージアム でのんびり ほっこり時間を過ごしてきました。

 

とっても日当たりがよく、ぽかぽか陽気の1日で、

菜の花がとっても大きく育っていました。

 

娘はおままごとコーナーが好きなようですが、

私のお気に入りポイントは、温室。

 

寒い冬でもコートをとって、ぽかぽかのんびり。

ほえ~~ってなります。

 

今回、初めて発見しました。

自然の植物にできる「コバルトブルー」のタネ!!!

タネ、実 と言えば、
赤っぽい、黄色っぽい、茶色っぽいもの がフツーなのに、青!
しかも、コバルトブルーって鮮やかな青!ってびっくりです☺


タビビトノキ(旅人の木)

 

「茎は木質化し、葉はバナナに似た長楕円形で、ゴクラクチョウカに似た花を咲かせます。実は熟すと裂け、青い膜で覆われたコバルトブルーの美しい種が顔を出します。

タビビトノキの蜜を好むエリマキキツネザルが送粉者として知られています。花の苞をつかみ、三尻撮って花を取り出し、こじ開けて鼻をつっこんで蜜を飲むのだそうです。

鼻を覆う苞をこじ開けられるのはマダガスカルキツネザルしかいなことから互いに適応しながら進化(共進化)とされています。」

山陽フラワーミュージアムの説明書きより

 

 

温室の中は、よーーーく目を凝らしてみていると、

いろいろ発見できます。

 

たとえば、パイナップル。

一つ見つけると、周りにパイナップルがたくさんなっていることに気付いて、

あ、あれも! こっちも! ちっちゃーーーい☺

 

一通り見て、身体もあったまったので温室から出て2階を歩いていると、、、

何度か来ているフラワーミュージアムですが、

初めて屋上にある キッチンガーデン を見つけました。

 

ブロッコリー、人参、チンゲンサイ、いちご などなど
たくさんの種類があるんですよ~~

「人参の葉っぱさん、この下に人参がなっていくんだよー」

 

「いちごさんは、土の中じゃなくて、土の上にできるよね。ほら、緑の。」
って、緑色のこれから熟すいちごができていました(^^)v

 

お花から、できるものをあてっこクイズしたり、
絵本を読んだり、と~ってものんびりした お花の香りに囲まれた ひと時でした~

 

 

タビビトノキ、、、すごく大きかったです。