水無月には

陰暦で6月は水無月。

その由来はいろいろとあるようで、、、

  • 水無月の「無」は、「の」にあたる連体助詞「な」で、「水の月」という意味
  • 陰暦六月は田に水を引く月であることから、水無月と言われるようになった

とさまざま。

 

この水無月の最後、6月30日にすることといえば、「水無月餅を食べて、茅の輪くぐること」だそうです。

 

水無月餅は三角形のういろうの上に甘煮の小豆を散らした和菓子。
6月30日は、夏越祓(なごしのはらえ)をするみそぎの日。半年間の身の汚れを祓い、来たる半年の清浄を祈念し、京都ではこの日「水無月」を食べるそうです。

その昔、宮中の人々は氷室(京都衣笠山西麓)から氷を取り寄せ、氷を口にして暑気払いをしました。貴重な氷は一般大衆の手には入りにくかったため、麦粉を練って氷片になぞらえて食べたのが水無月です。水無月の三角形は氷室の氷片を表したもので、上の小豆は悪魔払いの意味を表していると言われています。夏の酷暑を乗り切り、無病息災を祈願するお菓子です(「夏越の祓、どこの水無月食べよ?」より)

 

「茅の輪くぐり」は、茅輪神事は、「ちのわしんじ」とも「輪越祭」とも言われます。
茅(ち=かや)とは、茅萱(ちがや)菅(すげ)薄(すすき)などの総称で、この輪をくぐり越えて罪やけがれを取り除き、心身が清らかになるようにお祈りするものです。

6月の大祓のことを、夏越の祓(なごしのはらえ)と呼んだり、12月の大祓のことを、年越の祓(としこしのはらえ)と呼んでいます。通常、「茅の輪くぐり」は、夏越の祓(なごしのはらえ)に行われる行事です。
茅の輪をくぐることで禊(みそぎ)をして邪悪な穢れ(けがれ)を祓い(はらい)、災難を予防する為のものです。
基本的に6月30日に行われ、夏越の祓(なごしのはらえ)と言われています。
この梅雨の時期から夏にかけては、天然痘などの疫病がはやることが多かったようで、そういった疫病除けに茅の輪が有効と考えられていました。

茅輪神事の由来や茅の輪のくぐり方、茅の輪の作り方はこちら「茅の輪について」に。