源氏、平家そして姫

ホタルの季節になりました。
綺麗な水がある地域では、夜にホタルを見るイベントがたくさん。
じゃらんでは、日本全国のホタル観賞スポットがまとめて掲載されています。ホタル観賞が出来る宿泊プランというのもあるようです。

その「ホタル」には、源氏、平家そして姫という種類があるそうです。

 

有名順

  1. ゲンジボタル
  2. ヘイケボタル
  3. ヒメホタルほかにも、40種類ほどあり、
    生息地の地名がついたクメジマホタル、イリオモテボタルというのもあるようです。

 

サイズ

  • ゲンジボタル オス約14mm、メス約20mm
  • ヘイケボタル  オス約9mm、メス約11mm
  • ヒメホタル オス約9mm、メス約6mm
    (ヒメホタルだけは、オスが大きい)

 

生息地

  • ゲンジボタル きれいな川
  • ヘイケボタル ゲンジボタルより汚れた水域にも生息(水田、湿原)
  • ヒメホタル 森林内など人目につきにくいところ

 

それぞれの特徴

  • ゲンジボタル 発光のパターンは西日本と東日本でちがい、西日本のほうが発光のテンポが速いらしい。発光は強さがゆっくりと変化する。
  • ヘイケボタル  雄の光の点滅の速さはゲンジボタルより明らかに早い。発光は強さがゆっくりと変化する
  • ヒメホタル メスは後翅が退化しているため飛べないので草木につかまった状態で発光する。鋭く光って、色は黄色みを帯びる。オスは飛翔しながら発光する。歯切れ良く明滅する。

 

”ゲンジ”ボタル と ”ヘイケ”ボタル の由来

  • 優雅な光を源氏物語の主人公「光源氏」になぞらえた
  • 平家打倒の夢破れ、無念の最期を遂げた源頼政の思いが夜空に高く飛び舞う蛍に喩えられた

 

参考URL