こどもの日

5月5日は「こどもの日」

「1948年・昭和23年に、国民の祝日の一つとして5月5日に制定され、『子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、母に感謝する日』と定められました。」(日本の行事を知ろう! オーライ!ニッポン より)

3月3日が「桃の節句」と言われるように5月5日は「端午の節句」と呼ばれています。
端午の「端」は物の端(はし)で「はじまり」という意味。「午」は干支や暦に出てくる午(うま)のこと。
つまり、端午は、月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味になるので、5月に限ったものではないんですね。

でも、午(ご)と五(ご)の音が同じなので、毎月5日を指すようになって、奇数の重なることをおめでたいとする考え方から、5月5日のことになったとも伝えられているようです。

奇数の重なることをおめでたいとする考え方は、五節句にも関係。

五節句

  1. 1月7日  :  「七草の節句」 七草粥で新年を祝う「人日(じんじつ)の節句」
  2. 3月3日  :  「桃の節句」 ひなまつりとして有名な「上巳(じょうみ・じょうし)の節句」
  3. 5月5日  :  「菖蒲の節句」 男の子の成長を祝う、こどもの日「端午(たんご)の節句」
  4. 7月7日  :  「七夕(たなばた)の節句」 おり姫、ひこ星の物語
  5. 9月9日  :  「重陽(ちょうよう)の節句」 菊花の香りの酒で月をめでる

鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習だそう。端午の節句のお祝いの仕方や邪気を払うとされる菖蒲について、詳しくはこちらに 節句人形とは 端午の節句の意味

端午の節句には粽(ちまき)や柏餅を食べます。今日のスーパーでもたくさん売ってました。

粽(ちまき)を食べる理由は、、古事にあるそうですが、古代中国の人のあいだで、「粽(ちまき)」は忠誠心に厚く、忠誠心の象徴と言われていたようです。

柏餅を食べる理由は、柏の葉は、冬になっても落葉せず、新芽が吹くと落葉するので、後継ぎができるまで親葉が落ちないので、おめでたいものという考え方だそう。餅も神事に欠かせないもの、「餅を柏の葉で包んで供える」ことになったということです。

One thought on “こどもの日

  1. Pingback: 七夕(しちせき)の節句 – 楽卓

Comments are closed.