3月の練り切り菓子は「さくら」

 

気温の変化が目まぐるしいですが、日に日に春に向かっているように感じます!

 

「梅」と「桜」。どちらも開花予想が天気予報で出てくるくらい、日本人が好きな花。
これからの季節、春の花といえば、桜。ということで、3月の練り切り菓子は「さくら」を作ります

「さくら」といっても、花びらだけを作ったり、型押しや茶巾しぼりなどがありますが、
今回はヘラを使って形を作りましょう。

使う道具は、

  • 小皿、
  • 大皿、
  • スプーン、
  • こし網(もしくは茶こし 網の目があるもの)、
  • つまようじ、
  • ヘラ、
  • ラップ、
  • キッチンペーパー。

「へら」以外は、どれもご家庭にあるものではないでしょうか。

つまようじの頭は、実は●●にとっても便利、そして、
100円ショップで手に入る粘土ベラをご存知ですか?これが●●するときにとてもいいサイズ感なのです。

 

「さくら」を見に行くのもいいですが、今年は自分で作ってみませんか?
明日が申し込みの締め切りです。

 

申込はこちらから