11月の茶道入門 無事終了

11の茶道入門、無事に終了いたしました。

 

11月は 炉開きです。

 

炉開き は 10月終わりから11月にかけて行うもので

簡単に言うと 畳の上 から 炉 畳の中(?)に窯の場所が変わります。

 

変わるのは、場所だけではなく

柄杓のサイズ、香りを楽しむ香も変わります。
窯を置く場所が変わるので、お点前の向きも変わり、、、

と、いろいろと変わるのです。

 

 

そんな11月の炉開き の お軸は「閑坐聴松風」に いたしました。

「閑」は「ひま」とも読みますが ここでは「しずか」と読み、
「閑座」は「心落ち着け、静かに坐ること」とあり、今の時期、身の周りの自然の移ろいをじっくりと受け止め感謝したい と、このお軸にいたしました。
お花は、ツワブキ と サルスベリの照り葉にしました。
花入れは、備前焼がありました。
お稽古の後は、松風の音を聴きながら、ぜんざいで一服していただきました。

 

生徒さんからは
・心暖まるご準備、本当にありがとうございます。
・今月のお茶室、とても癒されました。
・季節の茶花や茶碗を愛でながら、美味しいお抹茶とお菓子を頂き、とても贅沢な時間が過ごせました。
などといただき、嬉しく思いました。