3月の和菓子づくり 無事終了

3月の和菓子づくり、無事に終了いたしました。
今月の季節の和菓子は、練り切り生地での「初桜」。

 

 

赤色で優しい桜色に染めました。

 

「濃くならないように も少しピンクが良いかしら。。。 」
などと呟きあいながら、優しく染めあがった生地に魅了されていらっしゃいました。
小豆餡を包餡して、桜の花の形を上に乗せて、布巾をかける場面になると
教室は急に静まりかえり、真剣に、そっと桜の花を指で押えました。

 

布巾を外すと、そこには、一足先に綺麗に咲いた

 

「初桜」が!!!

 

 

  • 可愛い!
  • ステキ(^^)/

と感動の声を頂戴しました。
今月の打ち菓子は、「塩まん」でした。

寒梅粉の白から薄っすら見える小豆餡の様子に「良い感じですね」と!

 

打ち菓子は、その名の通り、型を打って詰めた材料を打ち出します。

型を打つ力加減が完璧で、

 

ポンと打つ そして ポトリと出てくる

 

という感触にとても楽しんでいらっしゃいました。

 

時には、寒梅粉の詰めが弱く 形が崩れたりもありましたが、
塩加減も良く、みなさん「美味しいね」と作って満足、食べて満足のひと時でした。