6月の茶道入門 無事終了

今月も無事に茶道入門が終了いたしました。

茶道入門に10か月間、お稽古を続けていらっしゃる方がお一人いらっしゃいます。
今月は、初めての方と一緒になられ、茶室にお二人で過ごされました。
そして、初めて相客の前でお点前をしていただきました。
「美味しいお抹茶を差し上げたい」と言う気持ちが感じられるお点前でした。

お稽古後に
「今日は、初めてお点前を見られ、大変緊張しましたが、とっても楽しくて嬉しいお稽古でした。もっと学びたいと思いました」と言われました。

和敬清寂そのもので、とても嬉しく感じます。
 

今回、6月の”花入れ”は、筍の根元で作ったものでした。
そして、お花は、山紫陽花、小海老草とアレチハナガサです。

実は、この「アレチハナガサ」の名前がわかりませんでした。
山紫陽花、小海老草を摘み、もう一種を何にしようかなと探していると、庭の隅に小さな紫の花を付けた草がありました。
草花に詳しい友人が「アレチハナガサ」と教えてくれました。

そこで、この3本を生けるとバランス、色合いなどピッタリでした。

花入れにも、草花にも、そして友人にも感謝です。