桃・栗3年、柿8年・・・・その続き

桃栗3年、柿8年に続きがあると聞きました。

ちょっと調べてみることに。 すると、ありますねー。いろいろと。

桃栗3年柿8年 柚子は9年
桃栗3年柿8年 柚子は9年でなりかねる
桃栗3年柿8年 柚子は9年でなりさがる 梨のバカめは18年
桃栗3年柿8年 柚子は9年の花盛り
桃栗3年柿8年 柚子は9年の花盛り 梅は酸いとて13年
桃栗3年柿8年 柚子は10年花盛り
桃栗3年柿8年 柚子は遅くて13年
桃栗3年柿8年 柚子の阿呆は13年
桃栗3年柿8年 阿呆の柚子は13年
桃栗3年柿8年 柚子の大馬鹿18年
桃栗3年柿8年 柚子の大馬鹿18年 銀杏の気違い30年
桃栗3年柿8年 柚子の馬鹿めは18年
桃栗3年柿8年 梅の13年待遠い
桃栗3年柿8年 梅は酸い酸い13年
桃栗3年柿8年 梅は酸い酸い13年 柚子は大バカ18年 林檎ニコニコ25年 女房の不作は60年 亭主の不作はこれまた一生 あーこりゃこりゃ
桃栗3年柿8年 梅は酸い酸い13年 梨はゆるゆる15年 柚の大バカ18年 ミカンのマヌケは20年
桃栗3年柿8年 梅は酸い酸い18年
桃栗3年柿8年 枇杷は9年でなりかねる
桃栗3年柿8年 枇杷は9年で登りかねる
桃栗3年柿8年 枇杷は9年で登りかね 梅は酸い酸い13年
桃栗3年柿8年 枇杷は9年でなりかかり 柚子の大馬鹿18年
桃栗3年柿8年 梨の馬鹿めが18年
桃栗3年柿8年 梨のつぶては18年
桃栗3年柿8年 のろまな梨は70年
桃栗3年柿8年 胡桃の大馬鹿20年
桃栗3年柿8年 林檎ニコニコ25年
桃栗3年柿8年 銀杏のばかやろ30年
桃栗3年柿8年 後家一年
桃栗3年柿8年 人の命は50年 夢の浮世にさ丶のであそべ
桃栗3年柿8年 9年面壁10年の苦界 有情非情のもの 苦かたる蛇のなきはなし

(ブログ遙かな世界より)

「桃栗3年」ってトクホ飲料のCMできいたことはあったけれど、続きの部分、ありすぎです。。。
そもそも、「桃栗3年、柿8年」の意味は、物事を成し遂げるにはそれ相応の時間がかかる。だから頑張れ!ってこと。

実際に桃や栗を種から育てると、実がなるまでに約3年、柿は6,7年 かかるらしい(アキバ博士の食農教室「食の知恵と文化」)から前半部分はだいたい合っているみたい。
が、後半部分が種類多すぎ。。。

柚やナシは”あほ”とか”大馬鹿”とか”のろま”とか言われてるし、ミカンも”まぬけ”とも、銀杏は”ばかやろう”って・・・・。
果物で統一されているものもあれば、「女房の不作は60年、亭主の不作はこれまた一生」というのもあり。面白い。
これって、男の人の方がたちが悪いってことでしょう(笑´∀`) まぁ、女も60年かかるっ相当ですけど。

桃栗3年柿8年の続きがこんなに沢山あるってことは、
「物事成し遂げるには、そう簡単にできない」ってことを面白おかしく言い伝えたかったんでしょうね。