本の中の和菓子店がリアル店舗に

日本橋三越本店で和菓子イベント「第70回 全国銘菓展」(4月6日から12日)がスタートしました。

「和菓子のアン」、「アンと青春」 をご存知ですか?
どちらも本です。この本の主人公の”杏子”が働くデパ地下の和菓子店「みつ屋」。そのリアル店舗「みつ屋日本橋三越店」が期間限定で日本橋三越本店に登場しています。

IMG_0774 IMG_0776

スタート初日の6日夕方、行ってみると、、、、「完売しました」の文字が。えーーーー!!ショック!!!

 

IMG_0787

何とか残っていた「秋の道行き」をゲット。とてもきれいな色合いの上生菓子。中は「栗」が入っています。夜ご飯の後には、普段、甘いものは食べないのですが、今日は特別。美味しくいただきました(^^♪

 

IMG_0782

パッケージも凝っていて、 ”みつ屋日本橋三越店” とか ”和菓子のアン” 、 ”アンと青春” の文字がしっかりプリントされています。

 

IMG_0778 IMG_0777

本を読んでいる人は、「あー、あの場面で出てきたお菓子ね」と楽しめるし、知らなくても和菓子そのもので楽します。出店している全国の和菓子店の若旦那たちで構成された「本和菓衆(ほんわかしゅう)」さん達の説明が何よりも楽しい。本のこと、和菓子のこと、作っている背景などとても気さくで詳しく説明してくださいました。和菓子というか「和」の「お菓子」を心から好きで楽しんでいる人たちなんだなぁ思います。

日持ちしない上生菓子のほかにも、甘酒や辻占とか日持ちするものも販売されています。
そして、もちろん、本も。「アンと青春」には、作者の坂木司さんの直筆サインとシール、そして「みつ屋」のハンコ付き。ここで購入するとお得感満載でした。シールそれぞれに違うので、私は桜餅を選びました。

会期前半と後半で登場するお菓子が変わるそうです。

 

Yahooのニュース出ていた記事
日本橋三越本店「全国銘菓展」-小説「和菓子のアン」の「みつ屋」リアル店舗も
Allabout グルメに出ていた記事
本和菓衆×『和菓子のアン』 期間限定コラボショップ!