十三詣り

十三詣りの時期ですね。

十三詣りは東京ではあまり一般化していないようですが、関西地方(特に京都)では七五三と同じように大切な風習とされています。

陰暦の3月13日、現在の4月13日に数えで13歳になった男女児が氏神様やお寺にお参りしてお祓いをうけるのですが、京都の嵯峨野・嵐山にある法輪寺の十三参りが有名。

智恵や知識、記憶にご利益があるとされている虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)にお参りします。より詳しい虚空菩薩のことはこちら 仏像ワールド 虚空菩薩

お詣りの帰り道にある渡月橋を渡る際には、授かった知恵が元に戻って無くならないように、橋を渡り終えるまで後ろを振り返ってはいけないと伝えられています。

この「13歳」という年齢は、自分の生まれ干支がちょうど一巡りしてもとの干支に戻る年であり、最初の厄年になります。そして、その年齢の女の子はちょうど体が大人へと変わる頃であり、体調の変化も大きく、古より厄年の年齢とされているんですね。

十三詣りの期間は3月13日~5月13日の間。この時期、京都に行くのであれば、法輪寺を訪ねるのも楽しそうです。

法輪寺のサイトはこちら 法輪寺(通称 嵯峨の虚空蔵さん)