離乳食・幼児食(おやつ)とアレルギー

厚生労働省が出していてが「離乳食指針」を出しています。

昭和33年、昭和55年、平成7年、平成19年

そして今、新しい 「授乳・離乳の支援ガイド」の検討されているそうです。

 

昭和33年 離乳基本案

完了期 1歳
進め方 穀類→卵黄→野菜・魚

 

昭和55年 離乳の基本

完了期 1歳
進め方 食品の順序にこだわらず、少しずつ食べやすく調理すればいい

 

平成7年 改訂・離乳の基本

完了期 15か月
進め方 アレルギーに留意し、タンパク質を食品ごとに明記した離乳完了期の概念

 

平成19年 授乳・離乳の支援ガイド

完了期 18か月
進め方 初期の目安量、各期の油脂量を削除 たんぱく質欄を魚から始めた

 

 

平成7年から 「アレルギー」 が明記されています

ーーー

4章 アレルギー

「今から50年前には日本では「アレルギー」は、ほとんどありませんでしたが、現在では国民の3人 に1人が何らかのアレルギーを持っているといわれています。欧米やわが国などの先進国で非常に 大きな問題となっており、工業化・文明化と「アレルギー」は密接に関係があるようです。アレルギ ーは年齢により症状が異なるかたちで現れることが多く、そのような現象は「アレルギーマーチ」と いわれています。図1に示す様に食物アレルギーは、アレルギーマーチのうち最初に認められ、ア トピー性皮膚炎を伴った形で発症してくるケースがほとんどです。わが国では食物アレルギーは以 前からありましたが、最近15年ぐらいの間に急増しています。食物アレルギーは1才未満の乳児で 最も多く発症しますが、厚生労働省の調査によると小児から成人まで幅広く認められています。最 近では様々な食品にアレルギーが認められようになってきたのも特徴で、以前ではみられなかった 果物・野菜・芋類などによる食物アレルギーの報告もされています。」

https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/dl/jouhou01-08.pdf

ーーーー

 

工業化・文明化と「アレルギー」は密接に関係があるようです。。。

最近15年ぐらいの間に急増しています。。。

 

便利なもの、手軽なもの、安いもの、お得なもの、

すべてそれは消費者が求めるからこそ販売者がそれを売る。
販売者に求められて、生産者は作る。

 

ちゃんとしたものを作りたい生産者を支えるのは消費者(わたしたち)です。

 

15年かけたものをパパっと魔法のように変えることはできないと思うけれど、

10年後、20年後を考えて便利や手軽、安いという

今だけ 目先だけ のことだけじゃなくって

今一度、大切なことを考える機会じゃないでしょうか???

 

 

 

ロコモティブシンドローム

栄養士さんからロコモティブシンドローム(ロコモ 運動器症候群)についての講座を受けてきました。

最近の平均寿命は男性80.50歳、女性86.83歳なのですが、健康寿命は、男性71.19歳、女性74.21歳。
平均寿命とは男性約10歳、女性約13歳の差があるそうです。

次のチェック項目にあるような毎日の動作でひとつでも該当すると、ロコモ予備軍かもしれないそうですよ。

  • チェック1 家の中でつまずいたり、滑ったりする
  • チェック2 片足立ちで靴下がはけなくなった
  • チェック3 階段を上るのに手すりが必要
  • チェック4 横断歩道を青信号で渡りきれない
  • チェック5 15分くらい続けて歩くことができない
  • チェック6 2㎏程度の買い物をして持ち帰るのが困難
  • チェック7 家のやや重い仕事が困難

 

予備軍になることは、やむを得ないと思うのですが、高齢になった際の食事に気を付けることを聞いてきました。

そもそもの高齢期(一般的には65歳以上)の食事のポイントは、

  1. 個人差があること
  2. 高齢期の身体の変化を知ること
  3. 低栄養の予防をすること

だそうです。
1と2は毎日の動作で気づくことができると思いますが、3の「低栄養」はなかなか把握しにくい。

 

そして高齢期の特徴としては、

  • 視覚味覚の低下
  • 消化能力の低下
  • 免疫力の低下
  • 複数の病気・症状を持つことが多い
  • 廃用性症候群(筋力低下や関節が固くなる)
  • 脱水

があげられます。

この状態をふまえた上で、低栄養になる原因として考えられているのが次の4つ。

  1. 入れ歯が合わない事による食欲低下
  2. 味覚の低下により料理の味を感じにくくなり食べたいと思わない
  3. 足腰が弱り、運動ができず食欲が落ちる
  4. 食欲不振や料理自体がおっくうになり、閉じこもりがちになる

 

確かに、入れ歯のことは今の私には想像がつかないですが、たべる基本は「歯」ですよね。
食べること、そして適度な運動をすることが大切。

本来、体に必要なたんぱく質やエネルギーが不足することが続くと、要介護認定の状況になりかねませんね。
低栄養を予防する食生活のポイントをまとめると次の9つだそうです。

  1. バランスのとれた食事;主食、主菜、副菜
  2. 規則正しい食事;胃や腸の負担を軽くするために良いそうです
  3. 腹八分目を目安に;自分の適量を守ること
  4. 魚・肉・卵・大豆製品のどれかを毎食、たべる;小食になるとタンパク質不足になりがち。
  5. 油は1日大さじ1~2杯
  6. 新鮮な野菜、果物も欠かさずに;ビタミンの抗酸化作用で老化防止
  7. 牛乳・乳製品は積極的に;カルシウムの摂取量を減らさないように
  8. 塩辛い食事は控えて;香味野菜や香辛料などで薄味でも工夫
  9. 便秘と下痢、水分不足には特に注意

と、まぁ、一人での生活では、なかなか気づけないことばかり。

 

どんな風に社会とつながりをもって生活していくのか、食事と運動を一人でしない。
複数での食事、トレーニングをする仲間が求められているなぁ。としみじみを考えた講座でした。

管理栄養士さんの食品衛生の話

管理栄養士さんから食品衛生の話を伺いました。

実は食中毒の件数と患者数を見ると、
一年中を通して食中毒は発生しているとか。

日頃からできる食中毒を起こさない対策としては、まな板を分けること。
肉や魚用と野菜用に分ける。いやいや、「まな板は1枚しかないわよ」ということであれば、最初に野菜を切って、そのあとに、肉や魚を切るようにするといいそうです。

魚を切ったまな板を洗ったつもりで野菜をカットして、一夜漬けをした。
その結果、感染性の腸炎ビブリオに感染し、吐き気・嘔吐・腹痛・下痢・発熱に見舞われたということもあったようです。

それから、卵の殻にサルモネラ菌がついている可能性がある。ってご存知でしたか?
卵を割った後には、手を洗う必要があるんですね。

ほかにも、シチューやカレーを大量に調理したとき、ジャガイモを使うのであれば、しっかり加熱すること。加熱が足りないと、ウィルシュ菌にかかる可能性もあるそうです。

油断してはいけないのが手に傷がついちゃった場合。絆創膏をつけているからOKとは思わないで、ビニール袋を使うこと。傷や絆創膏からそこにブドウ球菌が潜んでいるかもしれないそうです。

食中毒予防の3原則は 病原菌を

  1. つけない ---清潔にする
  2. ふやさない ---手早く調理する
  3. やっつける ---加熱と冷却を徹底する

だそうです。

そして、日頃からできる対策には、手洗い・うがいがやはり基本。
手洗いのやり方を見ると、実は奥深い。

  1. 手のひらをあわせて
  2. 手の甲を伸ばすように
  3. 指先やつめの間も、渦を描くように
  4. 指の間も十分に
  5. 親指を手のひらでねじるように
  6. 手首も忘れずに

長い。。。。でもこれが大切なのですね。

指先が洗い残しになることが多いようです。

これからの時期、冬になるとノロウイルスが脅威。
自分のためにも周りのためにも、食品衛生は徹底したいですね。

NPO法人子どもの森の話を伺いました

NPO法人 子どもの森 理事長 吉田隆子さんのお話を伺ってきました。

食は命を守る。そして、社会を変える力がある。”正しい食べ物”を選び、それがどのように今目の前に来ているかを知り、作り、味を付け、食べる。そして、体の外へと排出する一連を体験する。「きいろ」「しろ」「あか」「みどり」の4つのお皿で何を食べているのか理解しながら毎食を食べる。食育の活動を目の当たりにしました。

●子どもの森とは

子どもだけで活動するそうです。
親が近くにいると、子どもは親を頼るし、親も子どもから目が離せなくなるのですね。
その状況で、お作法を学んだり、美しい挨拶をしたり、お茶を飲んだり、好奇心を見せたり、チャレンジしたり、そしてゆったりと過ごす。
子どもにとって、とても成長できる場だろうなぁと思います。子どもの森のWebサイトはこちら

 

●食べるとは、「命を守ること」そして「社会を変えること」

食べる とは、「命を守ること」 とおっしゃったのが印象的でした。
食べることの練習が足りていないから、

  • 咀嚼(そしゃくができない)
  • 何を食べていいのかわからない
  • とりあえずサプリメントに頼ればいいと思ってしまう

俯瞰的に考えると、「食」は人を変えるんだ。と。
これは、社会を変えることにつながる。と。
つまり1日3回食べれば、3回社会を変える機会がある。

そう思えば、食事をするときに、一人で食べるときも誰かと食べるときも意識が変わります。

 

●子ともが身につけてほしい5つの能力

続いて、子ともが身につけてほしい5つの能力を上げてくださいました。

  1. 食べ物を選ぶ力 = 料理選択教育 --->食と文化に関わってくること
  2. 食べ物の育ちを知る力 = 食農教育 --->いのちの育ちを食を知ること
  3. 料理する力 = 調理教育 --->料理と食の関係を自ら知ること
  4. 味がわかる力 = 味覚教育 --->食と人間関係を知ること
  5. 元気な体がわかる力 = 快便教育 --->食べたら出す。食と健康のかかわりを知ること

だそうです。なるほど、なるほど。
”正しい食べ物”を選び、それがどのように今目の前に来ているかを知り、作り、味を付け、食べる。そして、体の外へと排出する。
一連の流れを体験・体感するのってとてもとても大切なことですね。

 

●子どもの離乳食や幼児食

子どもの森は、もちろん対象は子ども。「食育」をテーマにした子育て支援をしているので、子どもの離乳食や幼児食に関してのとらえ方もなるほどと思いました。

0歳から2歳

  • 自分で食べるようになる
  • 一生懸命食べる
  • 咀嚼(そしゃく)を覚える

2歳から3歳

  • 一緒に食べる
  • 真似て食べる

3歳から5歳

  • 楽しく食べる
  • 誰かと一緒にやり取りしながら食べる

また、食事中に落ち着かない子の多くは、椅子に座っているけれど、足の裏がぶらぶらしている状態が多いそう。足が床につくようにすると、落ち着いて食べられるようになるそうです。
ぶらぶらしていると心も落ち着かないということ。
大人も立ち飲み屋での食事では、足をどこか落ち着く場所につけたりするけれど、なかなかここをを落ち着けて食べたり飲んだりはできないものですし。大人と同じですね。

食卓に望まれるものは、

  • 心が満たされた食卓
  • 笑顔共感を沸き起こされた食卓
  • よかったねー、とありのままを受け売れる食卓

に集約されるそうです。食べても「おいしいね」と思うだけじゃなくて、言葉に発して、そして、一緒に食べると楽しいですし。

 

●味覚は命を守る関所

最後に「味覚の教育」についてもお話をしてくださいました。
味覚は命を守る関所の役割をしてる。と。
味覚教育が目指すものは感性の豊かな子だそうです。

味覚は栄養素の信号。確かに子どもの時は、は辛いもの、酸っぱいものはおいしく感じない。これは、体に刺激物だから体が入れちゃダメ!と言っているんですよね。
幼児期の味覚は旨味と甘味、そして、
学童期の味覚は幼児期から徐々に高まって、小学3年生のころから安定していくとか。

 

●「きいろ」「しろ」「あか」「みどり」の4つのお皿

そうそう、4つのお皿の話もすごく参考になりました。
日本の伝統的な食事である主食一汁二菜の献立を基本に、それを子どもにわかりやすく色分けして示した方法のこと。

  • 「きいろ」は主食、
  • 「しろ」は汁物、
  • 「あか」は肉や魚などの主菜、
  • 「みどり」は野菜の副菜で、

この4色のおさらを揃えればバランスの良い献立になる、というもの。
一汁三菜にするには、果物を入れてもいいし、漬物を入れてもいいし、ちょっとした海藻(もずくとか)を入れてもいいし。
4色に色分けされているので、主菜と副菜についても学べるし、「きいろ」「しろ」「あか」「みどり」のどれにもお皿が乗っていないと、何か栄養価が足りていないということが一目瞭然!

かわいいランチョンマット、我が家でも取り入れようかと考えています。

向日葵(ひまわり)のこと

ひまわり、向日葵と書きます。
太陽の東から西に動くようすに合わせて、向日葵も東から西にその花を向かせるので、「向日葵」。

  • 向—> 向かう
  • 日—> 太陽
  • 葵—> 太陽の方向を向く植物のこと

これは、成長途中の段階で、茎の陰になる部分に成長するホルモンがたまり、ぐぐぐっとその部分が成長するそう。そのため、陰になった部分が伸びるので、太陽の動きに沿って動くように見えるということらしいです。成長が止まる花が咲く時期にはほとんど動かなくなるんですって。
向日葵の花言葉を調べると、たくさんありました。

熱いまなざし系

  • あこがれ
  • あなただけを見つめる
  • 熱愛

ちょっとブラック系

  • 偽りの富

別名もたくさん

  • 日車(ひぐるま)、日輪草(にちりんそう); 太陽の方を向いて動くからでしょうね
  • 天竺葵(てんじくあおい);天を向いているからでしょう。
  • 迎陽花(げいようか);太陽を迎えに行っているようにも見えるからでしょう。
  • 日向葵(ひゅうがあおい);お日様を向いているから
    などなど

ロシアの国の花が向日葵なんです。

宗教に関係していて、キリスト教の中でも正教徒がロシアには多いらしく、基本的に、肉、魚、卵、乳製品が食べれないみたいです。その中、向日葵の種は食べてもよいらしく、それが増えた一因と考えられています。

IMG_1729
写真は、練り切りあんで作った向日葵。中にはこしあんが入っています。

夏野菜を食べましょう!

夏です。夏です。

夏野菜を食べましょう。
トマト、キュウリ、ピーマン、ゴーヤ、ナス、トウモロコシ、カボチャなどなど。

 

1d1940c82953509b50a4e1706e98775d_s

トマトの赤はリコピンと言う成分のせい。このリコピンには、抗酸化作用があるとされています。加齢によって、シミやそばかす、しわ、たるみといった老化現象が進みます。リコピンによって、身体の錆・老化対策をしましょう!

 

 
c743795331979b3661ff413a7a4ee8da_m

キュウリには、夏場、汗をかいて不足しがちな水分とカリウムが多く含まれていますそうです。身体を潤しましょう!

 

 

ba0eb2458b715bd0ad5de9d9b324976c_m

なすは、ビタミンB群、ビタミンC、カリウム、鉄、カルシウム、食物繊維と幅広く含んでいるそうです。茄子の紫色は、アントシアニン系色素「ナスニン」で、ポリフェノールの一種。活性酸素や過酸化脂質を抑える働きがあるそうです。
また、「コリン」と言う成分が、血管を拡張させて、血圧を下げる働きがあることから、高血圧予防にも。
焼く・煮る・揚げる・蒸す・漬けるとさまざまな方法でポリフェノールをゲットしましょう!

 

 

213a9fc9b7169830f0bd87793263b824_m

かぼちゃは、冬のイメージが強いのですが、実は夏野菜なのですね。ベータカロチンが多く含まれていて、コレステロール値を低下に一役買ってくれるそうです。

 

 

(抗酸化とは

人間は空気を吸って生活しています。空気の21%は酸素です。酸素は体の中で栄養素と結びついてエネルギーを作り出します。ところが体の中に入った酸素がすべてエネルギーを作るために使われれば良いのですが、使われなかった分は酸化してしまいます。簡単に考えると「さび付いた状態」になるということです。金属にさびが出た状態を想像してください。それと同じ現象が体の中で起きると考えてください。一度酸化がおき始めるとどんどん連鎖反応で進んでしまうのです。

体の中の機能がさび付くと正常な働きが出来なくなり、糖尿病、高脂血症、肝臓の機能の低下などなどの生活習慣病といわれる問題が起きてきます。体の中を錆付かせないようにするのが「抗酸化作用」(酸化を抑える作用)と言えます。つまり、活性酸素を取り除き、生活習慣病を予防や老化を抑えることです。

動脈硬化や、ガンなど生活習慣病、白髪やしみ、しわなど老化の原因で、肝臓にもっともたまりやすいといわれています。

日本抗酸化学会 「抗酸化とは」より http://www.jsa-site.com/about_kousanka.htm

 

 

他にも、ピーマン、ゴーヤ、トウモロコシ、オクラも夏野菜ですね。
夏野菜を食べて、夏の強烈な紫外線にも負けない身体づくりを☺

わらび餅の”わらび”って何?

 

それは、原料が「わらび粉」だからです。

わらび粉は、この山菜のわらびから取れるデンプンを使うそうです。
ワラビの地下茎を叩いて、ほぐして、洗ってデンプンを取り出して乾燥させ、わらび粉を作ります。

4c4b3ad6f91b03ad89e99946b0d356e7_m

 

本物のわらび粉、100%わらび粉は、白くなくて、黒っぽいらしいです。
よく見るわらび餅は白っぽくて夏の季節に涼やかなお菓子としてピッタリですよね。
この白というか透明なのは、サツマイモやタピオカからとれたデンプンやくず粉を使っているそうです。

原料チェックして、どんな素材を使っているのかを興味出てきませんか?

もちもちっとして、プルプルっとしたわらび餅。
確かに、涼やかじゃないかもしれないけど、100%のわらび粉でわらび餅を作ってみたくなりました☺

団扇(うちわ)のこと

携帯ショップ、銀行、駅前、、、いろんなところで団扇を配っている時期になりました。
パタパタを仰いで、自然の風で涼んでいい気持です。

漢字で書くと「団扇」です。

団扇は古墳時代に中国から伝わったそうです。
そのころは、祭りごとに使われたり、位の高い人々が光などを遮るためにかざすものとして使われていました。
祭りごとでも使う、ということからも団扇は穢れや災いなどを払う力があると神聖なものとしてとらえられていたようです。

このころは「翳(さしば)」と呼ばれていたそう。
それが、中世・鎌倉時代になると庶民も団扇が広がり、くらいが高い人々の間では、高級な絹や皮を使った団扇が好まれたようです。

室町時代になると、扇や団扇をキャンバスにとらえて水墨画を描いたものも増えてきます。夏、軸の替わりに団扇を飾っているところもありますね。

近世、江戸時代に入ると、「あおぐ」ために「蚊を払う」ための道具として使われるようになったそうです。

 

漢字の「団扇」は中国語だそうです。「うちは(打ち羽)」に対応する文字として当てられたとか。

 

 

参考URL
「うちわ(団扇)」 の由来 http://www.yuraimemo.com/2850/
うちわの語源 http://www.maniserodelasalsa.com/etymology.html
語源由来辞典 http://gogen-allguide.com/u/uchiwa.html
団扇は、ただ「あおぐ」だけでないってご存知でしたか。 http://wanosuteki.jp/post_14283

 

七夕(しちせき)の節句

1年に5回ある「五節句」。
それぞれに花が当てられてます。季節ごとに邪気を払ってくれると考えられている植物です。

1月7日 : 「七草の節句」 七草粥で新年を祝う「人日(じんじつ)の節句」
3月3日 : 「桃の節句」 ひなまつりとして有名な「上巳(じょうみ・じょうし)の節句」
5月5日 : 「菖蒲の節句」 男の子の成長を祝う、こどもの日「端午(たんご)の節句」
7月7日 : 「七夕(たなばた)の節句」 おり姫、ひこ星の物語 笹
9月9日 : 「重陽(ちょうよう)の節句」 菊花の香りの酒で月をめでる

(5月5日に掲載した「こどもの日」http://latta.jp/notice/childrens-day/ にも掲載)

本来は、7月6日の夜に、願い事を書いた短冊を付けた笹竹を飾り、7日朝に川に流すそうです。

笹竹につるすのは、中国の習わし(乞巧奠(きつこうでん)が関係するようです。
竹竿に糸をかけて裁縫や習字などの習い事が上手になるように星に祈るとかなえられるというもの。

そして、実は、七夕の日、それは「そうめんの日」。

醍醐天皇の時代に、宮中の儀式・作法などをまとめた格式が3つあります。そのうちの一つに「延喜式(えんぎしき)」というものがあります。
その「延喜式」によると「そうめん」の原型といわれる「索餅」(さくへい)が、旧暦7月7日の七タの儀式に供え物の一つとして供えられたと記述してあるそうです。

それ以来、宮中における七夕の行事に「そうめん」が欠かせない供え物とされていたようです。1982年(昭和57年)に全国乾麺協同組合連合会は、7月7日「七夕・そうめんの日」と決めたそうです。

薬指はなぜ「薬」がつくの?

手のひらを広げて、

親指、人差し指、中指、薬指、小指。。。。

 

親指は一番太いから。人差し指は、人を指さすのに使いやすい、中指は真ん中の指、小指は一番小さいから。では、薬指は?

昔は「ナナシノユビ」「ナナシノオユビ」など言われ、その後から「クスシノユビ」「クスシユビ」、明治時代からは「クスリユビ」「ベニサシユビ」と、そして、明治後半から「薬指」が一般的に呼ばれるようになったそうです。

「クスシノユビ」や「クスシユビ」の「クスシ」は薬師如来のことと言われています。薬師如来が右の第4指を曲げて印を結んでいることから呼ばれていたそうです。

「ベニサシユビ」は、口紅をさすのに都合のよい指だったので、そうよばれるように。

「薬指」と呼ばれるようになったのは、粉薬を水に溶かしたり、練ったりしたり、薬を付けたりする指として使われていたからだそうです。

 

いろいろな名前のある「薬指」

結婚指輪を付けるものこの薬指。
古代ギリシャでは、左手薬指と心臓は1本の血管でつながっていると信じられていたそう。その指に、永遠を意味する輪っかをつなげて「永遠の絆」ってことみたいです。

薬を付けたり、永遠の愛を誓ったり、第4指は忙しいですね(笑)

 

ジューンブライドと呼ばれる6月も今日で終わり。
2016年の下半期へスタートです!