「災害時のレシピを備蓄品で作ろう」

今日は
千葉市の食生活改善推進員の活動で

「災害時のレシピを備蓄品で作ろう」を開催しました。

 

参加者の方からは

・色合いがさえないと思ってた

・これ、使える!

・え、炊飯器なしでご飯炊けるの?

・わぁ、美味しい!

 

 

と、感動の声♬♬

 

知ってて得する
知らなきゃもったいないレシピです☺

太巻き祭りずし《千葉:TENT幕張》 無事終了

 

一昨日になりますが、

2回目の太巻き祭りずし、無事終了いたしました!

 

今回は、ハーフサイズを2本巻きました。

日曜開催でしたので、おこさまも2人参加でした♡

 

 

1つ目は、ペンギン

 

使う材料は

 

おさかなソーセージ

生活クラブで購入できるものを使います

 

あまりに簡単な手順なので、

海苔をカットするところからスタート。

お魚ソーセージを半分に切り、

具材を一つ一つ クルクルと海苔に巻いていきます。

はい、これで出来上がり!

 

となっても、カットしていないので

「え?これでいいの?」

「できているの?」

「なんだか不安。。。」

 

と少々不安気味な声が。

すぐにカットはせずに、次のバラの花を作ります。

 

卵は生活クラブで購入しています。

紅ショウガは、生姜と赤梅酢でシンプルなもの

こちらのご飯の着色には、ミツカンのおすしの素を使いました。

 

卵にいい感じで、パラパラ~、パラパラ~

そうしたら、キュッキュッとしっかり巻いて、それを2回。

次は、海苔にご飯を置いて、バラのトゲになる野沢菜も置いて、

はい~~~!巻き上げる!

 

下から~~~!

 

ぎゅ!

 

 

はい、出来上がり~~~

 

「えー?できないー」

「お助け海苔~~」

「あ!できた!」

「あれ、あれ~~」

 

 

いろいろな声が飛び交いながらwww

 

2本出来たのでカットをします。

 

まずは、ペンギン!そしてバラ!

 

 

大人、子どもも関係なく、

カットするたびに、

「あ!!かわいい!!!」

「いいじゃないですか!?」

「わーーー、できてる!!!できてる~~」

 

と完成の声。

 

 

お寿司にはお味噌汁!

ということで、私の太巻き祭りずしでは、簡単お味噌汁をお出ししています。

 

使うのは、
チョーコー 有機味噌 麦米合わせ

これは、有機JAS規格の大豆・大麦・米を使い、 塩は天日塩を使用し、熟成したもの
添加物を一切使用せず生産した、こだわりの味噌です。

 

具材は、

天然伊勢志摩産 乾燥わかめ

有機 切干し大根

これは、大地の豊かな宮崎県国富町産の高原大根(青首大根)を使用した有機切り干し大根

 

だしは、

四季彩々の和風だし

これは、「焼津で加工されたかつお節」、「北海道羅臼産の昆布」、 「天日塩の焼塩」等厳選された素材を中心に作られた『だし』

 

 

「いや~~、いいね~~、お味噌汁」

「落ち着くわ~」

「いいね!これ」

「楽しかった!!!」

 

とたくさんのお声をいただきました!

 

ご参加くださいました皆様、ありがとうございました!

 

 

次回は11月28日(木)です。

秋の花 コスモスを作ります♪

 

受付・お問合せはこちらにご連絡くださいませ。

 

 

10月の茶道入門 無事終了

 

10月の茶道入門が 無事に終わりました。

 

お軸 「山高故不貴」
お花      フジバカマ・イヌタデ・ビロードトラノオ
花入れ 手付篭(唐物)
香合  桐木地 銀杏

 
茶室に入ると
・秋を感じます
・風炉のお点前は 今日までですね
・銀杏の香合 一枚が金色なんですね

 

皆さんの呟きから 秋を感じていただいたことに 嬉しいです。

 

亭主の丁寧なお点前で お抹茶の細かい泡がこんもりと立ちました。

「とても 美味しいです」の正客の言葉に

亭主に 笑みが浮かび、茶室は和気藹々

 

お稽古を終えた方から、メールを頂戴しました。

月1回のお稽古への想いや

茶人のお正月とも言われる炉開きのことにも触れてあり、
茶道に取り組む姿勢などが伝わってきました。

 

和敬清寂がみなさんへ伝わるようにこれからもご指導してまいりたいと思います。

10月の和菓子づくり 無事終了

 

10月の和菓子作り 無事に終わりました。

 

季節の和菓子は「栗の実」でした。

 

茹でたアツアツの栗を割り、スプーンで取り出します。
・大きい栗ですね
・これだけでも美味しそう。
・今年は栗が取れる年ですか!

 

皆さん、茹でた栗を一生懸命に裏ごしされ 水あめを加えて栗あんを作りました。

 

いよいよ 小豆あんの練り切り生地を手の平に広げて 栗あんを包み、更に茶巾で包んで 栗の形にしました。
・簡単に見えたのに 難しいよね
・栗の先の とんがった形が出来ない
・これ 栗に見えるかね

 

上南粉を付けると完成‼️
・わぁ〜 栗に見えるね
・美味しそう
・上南粉の炒った香りも良よね
・「栗の実」美味しい‼️
・最高‼️
・もう1個食べちゃいます

 

皆さん「栗の実」の美味しさに感激していただきました。

9月の茶道入門 無事終了

9月の茶道入門、無事に終わりました。

 

お軸は「月清千古秋」
お花は 早朝の散策で見つけた「ひるがお ・ススキ」にしました。

 

 

7月のお稽古後に生徒さんどおしで

「点茶盤に荘ってある風炉釜、水指、杓立、建水、蓋置を眺めると、

気持ちが引き締まると同時に、穏やかになります」

などなど、会話が聞こえてきました。

 

立礼式の設えに、それぞれが感じていただき、とても嬉しく思いました。

 

 

そこで、

今月のお稽古は7月に引き続き、立礼式で行いました。

 

 

柄杓は、杓立に仕組んでおきますが、

扱いは 風炉と同じなので、皆さん 柄杓の扱いを熱心に取り組まれました。

 

9月のお稽古は、台風の影響で1日だけお休みにしました。

暴風警報のため、お稽古のお休みをご連絡したところ、

お稽古を楽しみにいただいていた様子。

 

10月も季節を感じながらお稽古していただきたいと思います。

 

第2回 太巻き祭りずし体験教室《千葉:TENT幕張》受付中

10/27 (日)

第2回 太巻き祭りずし体験教室@TENT幕張

 

9月のひまわり🌻に引き続き、
太巻き祭りずし の体験教室を開催します!

 

今回の太巻きは2つ。
かなりシンプルで自宅でも作りやすい絵柄にしました。

 

バラ と ペンギン です!!

 

前回のひまわりは玉子巻き。

 

今回は、2つとも 海苔巻きなので、卵焼き器がなくても、大丈夫!
お手軽に作れます♫

 

1つ目は、バラ。

意外に簡単で、見た目が素敵なのです。
バラの花の中にあるパラパラと赤いものは、紅生姜です。
赤梅酢で漬けた紅ショウガを使います。

原材料名
しょうが、漬け原材料(赤梅酢(梅、しそ、食塩)、食塩

という ザ・シンプル な紅ショウガです♪

 

2つ目は、ペンギン🐧
房総の太巻き祭りずし ではないですが、
手軽に 作れる 太巻きです。
ペンギンの口は、お魚ソーセージを使います。
保存料などの合成食品添加物は不使用
化学調味料やたんぱく加水分解物を使っていないシンプルな味付けです。
着色料も使用していないので、見た目の色も素朴です。

 

 

今回作る太巻きは、
ノリを半分に切った「ハーフサイズ」で作ります。

 

通常、太巻き祭りずし は、1枚まるっと使います。

一本巻く時に使うお米の量も
玉子巻きですと2合ほど使います。

 

慣れてしまえばどーってことないですが、
ハーフで作るのがまずは作りやすい。

 

海苔巻きではおおよそ 350gから400gほど使います。
これは、玉子巻きの2合(600g)よりは少ないので、大きさも玉子巻きよりは小さめです。

 

ですので、小さなお子様もパクパク食べやすいサイズに思います。

 

 

ご参加は
TENT幕張  ☎ 043-441-8777 (受付時間: 9:00 〜 20:00)
もしくは
この楽卓のお問合せまで

ご連絡ください。

 

先着6名です!

詳細は、こちら

 

チラシは、こちら↓

 

 

おまちしています☺

太巻き祭りずし《千葉:TENT幕張》 無事終了

太巻き祭りずし体験教室@千葉

9/26 TENT幕張 で 1日だけの太巻き祭りずし体験教室を開催しました!!

 

2019年4月にオープンした コワーキングスペース

 

シェアキッチンを使って、太巻き祭りずしの準備をすすめて、、、

 

いざ!!

 

今回作った 太巻き祭りずしは 「ひまわり🌻」

 

黄色かんぴょう

 

かんぴょう を クチナシの実 で黄色に染めます

 

 

 

紅梅かんぴょう

 

かんぴょう を 赤梅酢に赤紫蘇を入れて作ったオリジナル!でピンク色に染まります

 

 

ご飯はそれぞれ

 

 

黄色は、離乳食でも使われる かぼちゃフレーク

 

ピンクは、ミツカンの花お寿司を使いました。

 

緑は、あおのり を使って、

 

高菜漬けも使いました。

 

 

 

 

それぞれを一つずつ組み立てながら、、、
最後によいしょ!!っと一つにまとめます。

 

 

そこからは、等分にカット。

 

 

 

 

この瞬間がほんとにドキドキ!

たまんない!!!

 

 

うわぁ~~~~~

 

って、すてきな向日葵ができました☺

次回は、

同じくTENT幕張で 10/27(日) 作るのは、バラとペンギンです。

ハーフサイズで作ります。

 

10月の和菓子づくり ご案内

栗には「とげ」があります。
あのウニのような「とげ」には名前があるんです。それは「イガ」漢字では毬と書きます。

 

毬栗(イガグリ)というのは、

「イガ」に包まれたままの栗の実のことを言うんですね。

 

毬栗頭(イガグリアタマ)というのは、

栗のとげ「イガ」のように髪の毛が短く、丸刈りにした頭のこと

 

 

トゲトゲの中にある栗は、鬼皮をむき、渋皮もむき、

と下準備に手間がかかりますが、

 

今回は小豆餡と栗で「栗の実」を作ります。

 

 

参加申し込みや詳細はこちらをご確認ください。

9月の和菓子づくり 無事終了

 

9月の和菓子作り、無事に終わりました。

 

今月の「乙女菊」は、
包あんが2回あります。

ほかにも、花びら用の線描き に 箸を使った花びら作り
などなど工程がもりだくさんでした。

 

それぞれの場面で息を忘れるほどの集中力で
教室の中は静まり返っていましたが、、、
出来上がると お隣りの人と見比べて会話が弾みます。

 

同じように作ってもみんなそれぞれ少しずつ違う
それぞれステキな乙女菊が出来ました。

 

花びら作りでは
・あら  線が多いみたい
・幅が  なんでこんなにバラバラかね
・中心が ズレてしまうのかしら
・この線だけでも  ステキよね
・手毬みたいで  可愛いね

 

中央に窪みをつけ、丸めた黄色生地を乗せ、爪楊枝で穴を付けて完成すると
・黄色を置くと  菊に見えるね
・爪楊枝の穴も  可愛いね
・食べるのが  もったいないね
・一つだけで見ると、見事な菊に見えるよね

 

今月の和菓子「乙女菊」に満足され、

「美味しいですね 」の一言をいただきました。

 

 

来月は、「栗の実」 をつくります。