離乳食・幼児食(おやつ)とアレルギー

厚生労働省が出していてが「離乳食指針」を出しています。

昭和33年、昭和55年、平成7年、平成19年

そして今、新しい 「授乳・離乳の支援ガイド」の検討されているそうです。

 

昭和33年 離乳基本案

完了期 1歳
進め方 穀類→卵黄→野菜・魚

 

昭和55年 離乳の基本

完了期 1歳
進め方 食品の順序にこだわらず、少しずつ食べやすく調理すればいい

 

平成7年 改訂・離乳の基本

完了期 15か月
進め方 アレルギーに留意し、タンパク質を食品ごとに明記した離乳完了期の概念

 

平成19年 授乳・離乳の支援ガイド

完了期 18か月
進め方 初期の目安量、各期の油脂量を削除 たんぱく質欄を魚から始めた

 

 

平成7年から 「アレルギー」 が明記されています

ーーー

4章 アレルギー

「今から50年前には日本では「アレルギー」は、ほとんどありませんでしたが、現在では国民の3人 に1人が何らかのアレルギーを持っているといわれています。欧米やわが国などの先進国で非常に 大きな問題となっており、工業化・文明化と「アレルギー」は密接に関係があるようです。アレルギ ーは年齢により症状が異なるかたちで現れることが多く、そのような現象は「アレルギーマーチ」と いわれています。図1に示す様に食物アレルギーは、アレルギーマーチのうち最初に認められ、ア トピー性皮膚炎を伴った形で発症してくるケースがほとんどです。わが国では食物アレルギーは以 前からありましたが、最近15年ぐらいの間に急増しています。食物アレルギーは1才未満の乳児で 最も多く発症しますが、厚生労働省の調査によると小児から成人まで幅広く認められています。最 近では様々な食品にアレルギーが認められようになってきたのも特徴で、以前ではみられなかった 果物・野菜・芋類などによる食物アレルギーの報告もされています。」

https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/dl/jouhou01-08.pdf

ーーーー

 

工業化・文明化と「アレルギー」は密接に関係があるようです。。。

最近15年ぐらいの間に急増しています。。。

 

便利なもの、手軽なもの、安いもの、お得なもの、

すべてそれは消費者が求めるからこそ販売者がそれを売る。
販売者に求められて、生産者は作る。

 

ちゃんとしたものを作りたい生産者を支えるのは消費者(わたしたち)です。

 

15年かけたものをパパっと魔法のように変えることはできないと思うけれど、

10年後、20年後を考えて便利や手軽、安いという

今だけ 目先だけ のことだけじゃなくって

今一度、大切なことを考える機会じゃないでしょうか???

 

 

 

11月の茶道入門 無事終了

11の茶道入門、無事に終了いたしました。

 

11月は 炉開きです。

 

炉開き は 10月終わりから11月にかけて行うもので

簡単に言うと 畳の上 から 炉 畳の中(?)に窯の場所が変わります。

 

変わるのは、場所だけではなく

柄杓のサイズ、香りを楽しむ香も変わります。
窯を置く場所が変わるので、お点前の向きも変わり、、、

と、いろいろと変わるのです。

 

 

そんな11月の炉開き の お軸は「閑坐聴松風」に いたしました。

「閑」は「ひま」とも読みますが ここでは「しずか」と読み、
「閑座」は「心落ち着け、静かに坐ること」とあり、今の時期、身の周りの自然の移ろいをじっくりと受け止め感謝したい と、このお軸にいたしました。
お花は、ツワブキ と サルスベリの照り葉にしました。
花入れは、備前焼がありました。
お稽古の後は、松風の音を聴きながら、ぜんざいで一服していただきました。

 

生徒さんからは
・心暖まるご準備、本当にありがとうございます。
・今月のお茶室、とても癒されました。
・季節の茶花や茶碗を愛でながら、美味しいお抹茶とお菓子を頂き、とても贅沢な時間が過ごせました。
などといただき、嬉しく思いました。

11月の和菓子づくり《東京》無事終了

 

オーナーの小泉さんとのご縁、伊藤先生とのご縁で6回目の開催が無事終了いたしました。

みなさま、ご参加ありがとうございました。

 

午前の回では、
親子のご参加が多く、お子さまも和菓子を完食!で感激でした(^^)

午後の回では、
和菓子作りに向かう眼差しが真剣そのもので、楽しんでくださってありがとうございました!

 

日本の季節や文化をぎゅっと詰めた「和菓子」を
もっともっと多くの方に食べていただきたい

 

そんな想いから1日だけの和菓子イベントを開催いたしました。

 

私たちが食べること、知ることで、
普段の生活に幸せをちょっとプラスなりますように。
そして、「食」そのものが楽しくテーブルを囲みたいなという想いで楽卓になれば♪♪と思っています。

 

今回作った和菓子は 3種類

・ねりきり 菊
・きんとん 紅葉
・茶巾絞り 栗

を作りました

 

そのあとは、、、

伊藤先生によるデモンストレーションです。

1,2分で、あっという間に 練り切り餡が形を変えていきました(^^)v

 

 

午前の回では、

 

午後の回では、

 

 

 

綺麗で~~

わぁぁぁ~~

もったいない!

すごいです~

 

と感動しっぱなし。

ため息が出てしまいますが、、

 

パクパクっと
皆様で美味しくいただきました(^^)v

 

 

 

10月の和菓子づくり 無事終了

11月の和菓子作り、無事に終わりました。

 

 

今月の季節の和菓子は 唐錦 でした。

唐錦(からにしき)とは、中国から日本に持ち込まれた絹織物のことで「高貴な錦」という意味だそうです。
秋の綺麗な紅葉の景色を、この唐錦の様子をお菓子にしています。

 

 

和菓子を作り始める前に これから作る和菓子(今月の和菓子「唐錦」)をご紹介するのですが、

その時、思わず歓声があがりました。

 

・ワァー 可愛い
・秋色やねぇ
・飾っておきたいねー
・なんか作れそうな気がするよ
・名前が良いね

 

早速、練り切り生地に色付けします。

今回は、黄色、オレンジ色、緑色の3色でした。

 

・も少し 濃いほうが良いかね
・なかなか 良い色!
・この色どうかね?
・緑は、抹茶の香りが 良いね!

と、お互いの色付けを見合いながら、和気あいあいの雰囲気で色付けが出来ました。

 

ご自身で着色した3色の練りきり生地で包あんすると

何となく可愛らしくて、手毬 みたいに見えて、にこにこ大満足なご様子でした。

 

茶巾絞りで成形しましたが、簡単そうに見えて、なかなかどうして奥が深かったようでした。

 

今回の「唐錦」は茶巾絞りで4つ作りました。

最初の1つ目は 「簡単そうに見えるのに、難しい~」とおっしゃりながら、

2つ目、3つ目と茶巾絞りを続けていくと、だんだんと「これは良いね」と納得されていました。

 

 

 

作り立ての「唐錦」と お茶で 一服美味しさを楽しむひとときでした。