7月の和菓子づくり 無事終了

7月の和菓子教室が 無事に終わりました。

季節の和菓子は「打水」でした。

 

「水色の生地と白生地を重ね、ざっくりと混ぜ合わせた生地で小豆あんを包餡します」

と説明した後、早速ご自身で作っていただきました。

 

ご自分が出したい線や模様を頭に思い浮かべながら、

水色と色の生地を混ぜ合わせていくのですが、試行錯誤です。

 

・水色の出し方が難しいね~

・小豆あんを包むの、上手くできるようになってきた(^^)v

・「水の輪」の型押しは初めてで楽しかった

・大小のアラザン飾りは、それぞれの個性が出て面白いね。

 

などなど。

真剣に楽しみながら作っている様子がうかがえました。

 

ご参加いただいた方々 それぞれ  6個の ステキな可愛い 「打水」 が完成しました(^^)/

 

7月の茶道入門 無事終了

7月の茶道入門、無事に終了いたしました。

 

ホントに暑いですね~

 

というのが お決まりのご挨拶となっているこの頃です。

 

今年は本当に酷暑、猛暑の日々。
少しでも涼やかに感じていただけるようにと思いながら茶室にお迎えいたしました。

 

ムクゲ・ツユクサ・カヤ をお花に

花入れには、あゆ籠 をあしらうと、涼やかに感じます。

 

お茶碗は ガラス にいたしました。

ガラスのお茶碗は 涼しさだけで無く、茶巾の扱いが見え、お茶碗の清め方のお稽古にもなりました。

 

 

 

また、短冊「枝上一蝉吟」の 読んだり。。。

 

 

 

7月のお茶室を感じていただきました。

楽卓の食卓 新しく!

楽卓のメニューバーに

「楽卓の食卓」があります。そこに、毎週の食事の参考になれば、と思い我が家のテーブルを紹介していました。

 

しかし、、、食事メニューをストップしていました。

2017年10月から、、、、、

ストップしていました。

 

なぜなら、このタイミングで「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物」(安部司 著)を読んでいたから。

添加物とは何か。。。。

 

 

この7か月間で変わったことは、

 

有機野菜の定期便を購入するようになったこと

可能な限りの添加物を少なく作った調味料を身体に入れることを気を付けていること

食べ物だけでなく、洗濯の洗剤やリンスも界面活性剤ではなく、石鹸ベースの製品に変えること

 

それを無理なく、1つのカタログで生協のようにインターネットで注文し、宅急便で家に届く。

 

添加物に対して、誠心誠意、手間を惜しまず、志をもって製造してる会社さんをOEMすることなくその会社をその名前とともに応援する。

 

100年後の子どもたちの為にできること。

未来の食卓につなげていきたい。