6月の和菓子づくり 無事終了

6月の和菓子教室が 無事に終わりました。

練り切り生地で「青楓」を作りました。

 

青楓の”緑い色”は 白生地から着色します。

お抹茶を使って色付けをしました。
色付けするときに、お抹茶の香りがふわ~~~~っと香ります。

 

「この香り 良いですね~~!」と、
着色しながら、満足していらっしゃいました。

 

葉っぱの形 模様 ギザギザ を作るときになると
教室内は シーンと静まり返って みなさま真剣な眼差しです。
完成した「青楓」を見て これまたニッコリ!

 

教室の最後には、お茶とともに作った和菓子をいただきます。

「自作の和菓子を頂く ひとときが 幸せな時間ですね(^^)」と感想を頂戴しました。

 

 

来月も 美味しい和菓子を みなさまと味わいたいです。

7月の和菓子づくり <福岡県糟屋郡新宮町> 受付中

2018年7月の和菓子づくりのご案内です。

 

7月です、夏ですね。

湿気の高い日本は気温以上に暑さを感じます。

 

電気がなかった時代から、少しでも涼を求めた工夫がいろいろあります。

打ち水、風鈴の音、主に葦(あし)や竹を使った「すだれ」、葭(よし)が素材の「よしず」があります。

 

そのほか、へちま ゴーヤ きゅうり などで作るグリーンカーテンもあります。
水分の多い夏野菜は体の中から冷やしてくれるから、一石二鳥です。

エアコンも使いつつ、昔ながらの涼の取り方を取り入れていくと上手に夏と付き合って過ごしたいものです。

 

7月12日までが受付期間となっています。

お申し込み・詳細はこちらから

 

6月の茶道入門 無事終了

6月の茶道教室、無事に終了いたしました。

 

盆略点前では、帛紗さばき と 茶巾のたたみ方のおさらいをしました。

 

身体に覚えてもらうために何度も何度でも。
再確認します。

 

茶巾で茶碗を拭きあげる。
たった一つの動作のように思いますが、茶巾の形が崩れずに、何度も拭くことができる所作を学びます。

 

運びお薄のお稽古では、特に柄杓の扱いを中心に行いました。
無意識な所作と意識した所作、全くの別物ですね。
置き柄杓や引き柄杓といった柄杓の扱いは姿勢、手の平の向き、5本の指の動き、柄杓につける位置などを意識します。

 

なるほどですね、こうですね。

 

と、みなさま、ご自身の腑に落ちた様子。

 

 

その納得された表情に 嬉しくなりました。

 

 

茶碗一杯を点てて差し上げる。
それだけのことですが、割り稽古の大切さを感じます。

 

 

来月も 焦らず 一つ一つ進めてまいります。