6月の和菓子づくり <福岡県糟屋郡新宮町> 受付中

2018年6月の和菓子づくりのご案内です。

練切で「青楓」をつくります。

青楓。

「青」 日本の言葉で 季節と年齢い青が使われています。
「春」と組み合わせると青春になります。

春夏秋冬 それぞれに色があるようです。
・ 青春:16歳から30歳前半
・ 朱夏:30歳前半から50歳前半
・ 白秋:50歳前半から60代前半
・ 玄冬:それ以降

今の寿命と重ねるとちょっと変わってきたかもしれませんね。

青、朱、白、黒 それぞれの年代で意識してみると面白いかもしれません。

6月7日までが受付期間となっています。

お申し込み・詳細はこちらから

5月の和菓子づくり 無事終了

5月の和菓子作り、無事に終わりました。

 

季節の和菓子は「饅頭」でした。

 

 

年に1,2回ほど、饅頭を作っています。

 

さて、どんな饅頭を作ろうかしら。。。???

 

考えていた時、庭先に青々と芽吹いている”ヨモギ”が目に入りました。

 

 

あ、これだわ!

 

と思い、 「よもぎ饅頭」 を作ることにしました(^^)

 

”ヨモギ” の効果・効能はいろいろありますね。

 

今回、そのヨモギを饅頭にしてみてわかったことは、

饅頭の生地作りも 包餡も 他の饅頭よりも 失敗なく作りやすい!ということでした。

 

参加いただいた皆さんから

・よもぎの生地は、柔らかなんですね

・餡が包みやすい

 

といった つぶやき

 

蒸し器の中を見て

・わー! 膨れてる!

・んー、良い香り

・美味しそう!

 

 

などなど、 大満足の声でした~

 

来月 6月は、15日(金) , 16日(土) , 17日(日) 練切菓子「青楓」と打ち菓子「四季」と作ります。

5月の茶道入門 無事終了

5月の茶道入門、無事に終了いたしました。

 

5月になると、茶道では

炉から風炉となります。

 

 

茶道の季節の変わり目ですね。

 

ここ数か月のことですが、

茶道入門のお稽古に 楽しんで来てくださる方が増え

嬉しく思っております。

 

 

この”変わり目”のタイミングですので、

待合室に

「和敬清寂」と 「利休の七則」 を置きました。

 

茶道入門では、

お点前の手順だけでなく、茶道の心に向かい合う教室にしていきたいと考えております。