9月の茶道入門 無事終了

この9月、初めての茶道入門は無事終了しました。

 

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

茶道入門は月2回、金曜と土曜に開催しています。
今月は9月23日(金)、24日(土)。来月10月は21日(金)と22日(土)です。

今月の参加者には、少し茶道を習っていた方、全くの初心者の方など茶道経験は様々でした。

初心者の方も茶道に親しんでもらえるよう、まずは、畳の歩き方、菓子器からのお菓子の取り方、抹茶の飲み方などなど行いました。経験のある方には、ご自身でお抹茶を点ててみていただいたり。

少人数での実施なので、その方に合わせた内容でお稽古ができました。

 

お道具の名前、所作、ご挨拶の仕方など、できるところから進めていけれればいいのかなと思っています。

参加者の方からは、

  • ものすごく贅沢な時間でした
  • 所作がシンプルですね~
  • とっても楽しかったです
  • 幸せなひと時でした
  • お抹茶、とっても美味しかったです

などのお声をいただきました。

 

何ともうれしいお言葉。こちらこそ、お時間を共有できて楽しいひと時でした。

ありがとうございます。

NPO法人子どもの森の話を伺いました

NPO法人 子どもの森 理事長 吉田隆子さんのお話を伺ってきました。

食は命を守る。そして、社会を変える力がある。”正しい食べ物”を選び、それがどのように今目の前に来ているかを知り、作り、味を付け、食べる。そして、体の外へと排出する一連を体験する。「きいろ」「しろ」「あか」「みどり」の4つのお皿で何を食べているのか理解しながら毎食を食べる。食育の活動を目の当たりにしました。

●子どもの森とは

子どもだけで活動するそうです。
親が近くにいると、子どもは親を頼るし、親も子どもから目が離せなくなるのですね。
その状況で、お作法を学んだり、美しい挨拶をしたり、お茶を飲んだり、好奇心を見せたり、チャレンジしたり、そしてゆったりと過ごす。
子どもにとって、とても成長できる場だろうなぁと思います。子どもの森のWebサイトはこちら

 

●食べるとは、「命を守ること」そして「社会を変えること」

食べる とは、「命を守ること」 とおっしゃったのが印象的でした。
食べることの練習が足りていないから、

  • 咀嚼(そしゃくができない)
  • 何を食べていいのかわからない
  • とりあえずサプリメントに頼ればいいと思ってしまう

俯瞰的に考えると、「食」は人を変えるんだ。と。
これは、社会を変えることにつながる。と。
つまり1日3回食べれば、3回社会を変える機会がある。

そう思えば、食事をするときに、一人で食べるときも誰かと食べるときも意識が変わります。

 

●子ともが身につけてほしい5つの能力

続いて、子ともが身につけてほしい5つの能力を上げてくださいました。

  1. 食べ物を選ぶ力 = 料理選択教育 --->食と文化に関わってくること
  2. 食べ物の育ちを知る力 = 食農教育 --->いのちの育ちを食を知ること
  3. 料理する力 = 調理教育 --->料理と食の関係を自ら知ること
  4. 味がわかる力 = 味覚教育 --->食と人間関係を知ること
  5. 元気な体がわかる力 = 快便教育 --->食べたら出す。食と健康のかかわりを知ること

だそうです。なるほど、なるほど。
”正しい食べ物”を選び、それがどのように今目の前に来ているかを知り、作り、味を付け、食べる。そして、体の外へと排出する。
一連の流れを体験・体感するのってとてもとても大切なことですね。

 

●子どもの離乳食や幼児食

子どもの森は、もちろん対象は子ども。「食育」をテーマにした子育て支援をしているので、子どもの離乳食や幼児食に関してのとらえ方もなるほどと思いました。

0歳から2歳

  • 自分で食べるようになる
  • 一生懸命食べる
  • 咀嚼(そしゃく)を覚える

2歳から3歳

  • 一緒に食べる
  • 真似て食べる

3歳から5歳

  • 楽しく食べる
  • 誰かと一緒にやり取りしながら食べる

また、食事中に落ち着かない子の多くは、椅子に座っているけれど、足の裏がぶらぶらしている状態が多いそう。足が床につくようにすると、落ち着いて食べられるようになるそうです。
ぶらぶらしていると心も落ち着かないということ。
大人も立ち飲み屋での食事では、足をどこか落ち着く場所につけたりするけれど、なかなかここをを落ち着けて食べたり飲んだりはできないものですし。大人と同じですね。

食卓に望まれるものは、

  • 心が満たされた食卓
  • 笑顔共感を沸き起こされた食卓
  • よかったねー、とありのままを受け売れる食卓

に集約されるそうです。食べても「おいしいね」と思うだけじゃなくて、言葉に発して、そして、一緒に食べると楽しいですし。

 

●味覚は命を守る関所

最後に「味覚の教育」についてもお話をしてくださいました。
味覚は命を守る関所の役割をしてる。と。
味覚教育が目指すものは感性の豊かな子だそうです。

味覚は栄養素の信号。確かに子どもの時は、は辛いもの、酸っぱいものはおいしく感じない。これは、体に刺激物だから体が入れちゃダメ!と言っているんですよね。
幼児期の味覚は旨味と甘味、そして、
学童期の味覚は幼児期から徐々に高まって、小学3年生のころから安定していくとか。

 

●「きいろ」「しろ」「あか」「みどり」の4つのお皿

そうそう、4つのお皿の話もすごく参考になりました。
日本の伝統的な食事である主食一汁二菜の献立を基本に、それを子どもにわかりやすく色分けして示した方法のこと。

  • 「きいろ」は主食、
  • 「しろ」は汁物、
  • 「あか」は肉や魚などの主菜、
  • 「みどり」は野菜の副菜で、

この4色のおさらを揃えればバランスの良い献立になる、というもの。
一汁三菜にするには、果物を入れてもいいし、漬物を入れてもいいし、ちょっとした海藻(もずくとか)を入れてもいいし。
4色に色分けされているので、主菜と副菜についても学べるし、「きいろ」「しろ」「あか」「みどり」のどれにもお皿が乗っていないと、何か栄養価が足りていないということが一目瞭然!

かわいいランチョンマット、我が家でも取り入れようかと考えています。

茶道入門の2016年スケジュール

毎月、福岡で行っている茶道入門の日程をご案内です。

ふとカレンダーを見ると、2016年もあと4か月ですね。

10月、11月、12月の日程をご案内します。

11月は25日(金)、26日(土) 受付は11月19日まで
12月は16日(金)、17日(土) 受付は12月10日まで です。

時間は、午前(10:30-12:00)、午後(15:00-16:30)、夜(18:30-20:00)、それぞれ5名程度です。

10月、11月の受付を行っています。こちらをご覧ください。

10月の和菓子づくり 受付中

10月は2種類の和菓子をつくります。(9月30日まで受付期間)

お茶会などで使われる練り切り菓子(主菓子)と一口サイズの打ち菓子(干菓子)の2種類を作ります。作業自体の時間はおおよそ1時間半程度です。作り終わったら、お菓子を眺めながら、お茶とおいしくいただきましょう。全部で2時間程度をご予定ください。

小学生以上であれば、親子参加も可能です。お気軽にご相談ください。
親子参加の場合、一人分の材料であれば、料金も一人分でOKです。
※小学生2人連れで参加の場合は、2人分の料金になります。
※親子それぞれで参加される場合には、材料は大人も子どもも同じものを使いますので、それぞれ同一料金となります。

親子で一緒に和菓子づくりをするのも楽しいひと時と思います。

9月30日までが受付期間となっています。こちらよりお申込みください。

  • 開催日:10月7日(金)、8日(土)、9日(日)、10日(祝・月)
  • 作る和菓子 : 練りきり菓子「木練柿(こねりかき)」、打ち菓子「塩まん」
    (打ち菓子は一口サイズの型にはめたお菓子)
  • 所要時間 : 約2時間
  • 定員 : 最大5名程度 (事前予約制 9月30日(金)まで)
  • 価格 : 1500円(材料費込み)
  • 開催場所 : 811-0112 福岡県糟屋郡新宮町下府1-10-47(駐車スペースは3台分あります)
  • 持ち物 : エプロン、ハンドタオル

9月の和菓子づくり 無事終了

9月の楽卓の教室 和菓子づくりは無事終了しました。
 
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
今回は 練り切り生地で「菊」と打ち菓子を作りました。
菊を作るときのポイントは、花びらになる16本の線を均等に入れること。
 

みんなで一緒に作るのですが、ある方が生地をぼかすの忘れて、
そのままの小豆あんを包むというハプニングが。
でも、この小豆あんがうっすらと見える「菊」もとっても素敵でした。
 

「これ、お盆の時に作って仏さまにお供えするのもいいですね」と言ってくださったり。
 
 

ただ作るだけでなく、ご自身で工夫されたり、ご自分の生活の中に取り入れることを考えたり。和菓子に親しんでいただけているようで、とても嬉しかったです。

和菓子づくりの日程追加

毎月、福岡で行っている和菓子づくりの日程をご案内です。

10月より金曜日を追加いたします。
毎月の第2日曜日を挟んだ金曜・土曜・日曜・月曜の4日間が和菓子づくりの日になります。

変更前

  • 10月 8日(土)、9日(日)、10日(祝・月)
  • 11月 12日(土)、13日(日)、14日(月)
  • 12月 10日(土)、11日(日)、12日(月)

変更後

  • 10月 7日(金)、8日(土)、9日(日)、10日(祝・月)
  • 11月 11日(金)、12日(土)、13日(日)、14日(月)
  • 12月 9日(金)、10日(土)、11日(日)、12日(月)

 

10月の和菓子は、練りきり菓子「木練柿(こねりかき)」、打ち菓子「塩まん」を作ります。
受付は9月30日(金)までとなっています。こちらからお申し込みください。