夏野菜を食べましょう!

夏です。夏です。

夏野菜を食べましょう。
トマト、キュウリ、ピーマン、ゴーヤ、ナス、トウモロコシ、カボチャなどなど。

 

1d1940c82953509b50a4e1706e98775d_s

トマトの赤はリコピンと言う成分のせい。このリコピンには、抗酸化作用があるとされています。加齢によって、シミやそばかす、しわ、たるみといった老化現象が進みます。リコピンによって、身体の錆・老化対策をしましょう!

 

 
c743795331979b3661ff413a7a4ee8da_m

キュウリには、夏場、汗をかいて不足しがちな水分とカリウムが多く含まれていますそうです。身体を潤しましょう!

 

 

ba0eb2458b715bd0ad5de9d9b324976c_m

なすは、ビタミンB群、ビタミンC、カリウム、鉄、カルシウム、食物繊維と幅広く含んでいるそうです。茄子の紫色は、アントシアニン系色素「ナスニン」で、ポリフェノールの一種。活性酸素や過酸化脂質を抑える働きがあるそうです。
また、「コリン」と言う成分が、血管を拡張させて、血圧を下げる働きがあることから、高血圧予防にも。
焼く・煮る・揚げる・蒸す・漬けるとさまざまな方法でポリフェノールをゲットしましょう!

 

 

213a9fc9b7169830f0bd87793263b824_m

かぼちゃは、冬のイメージが強いのですが、実は夏野菜なのですね。ベータカロチンが多く含まれていて、コレステロール値を低下に一役買ってくれるそうです。

 

 

(抗酸化とは

人間は空気を吸って生活しています。空気の21%は酸素です。酸素は体の中で栄養素と結びついてエネルギーを作り出します。ところが体の中に入った酸素がすべてエネルギーを作るために使われれば良いのですが、使われなかった分は酸化してしまいます。簡単に考えると「さび付いた状態」になるということです。金属にさびが出た状態を想像してください。それと同じ現象が体の中で起きると考えてください。一度酸化がおき始めるとどんどん連鎖反応で進んでしまうのです。

体の中の機能がさび付くと正常な働きが出来なくなり、糖尿病、高脂血症、肝臓の機能の低下などなどの生活習慣病といわれる問題が起きてきます。体の中を錆付かせないようにするのが「抗酸化作用」(酸化を抑える作用)と言えます。つまり、活性酸素を取り除き、生活習慣病を予防や老化を抑えることです。

動脈硬化や、ガンなど生活習慣病、白髪やしみ、しわなど老化の原因で、肝臓にもっともたまりやすいといわれています。

日本抗酸化学会 「抗酸化とは」より http://www.jsa-site.com/about_kousanka.htm

 

 

他にも、ピーマン、ゴーヤ、トウモロコシ、オクラも夏野菜ですね。
夏野菜を食べて、夏の強烈な紫外線にも負けない身体づくりを☺

7月の和菓子づくり 無事終了

7月の楽卓の教室 和菓子づくりは無事終了しました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

今回は盛りだくさん。
みたらし団子、あずきあん団子、抹茶あん団子、そして、打ち菓子を作りました。

お団子にはいろいろな作り方がありますが、今回は蒸してこねる作り方。モチっと美味しいお団子ができました。みたらしあんは、これでもというくらいたーっぷり。あずきあんと抹茶あんは茶巾絞りです。

今月、小学5年生の親子でご参加。

  • 打ち菓子を型からトントンと取り出す際に 「うわぁ~。すごー」
  • 団子の上新粉などを混ぜているときには、「これくらい?お水はこれくらい?」と確認しならが少しずつ足して、先生のボウルの硬さを確かめながら慎重に慎重に。
  • 蒸しあがった状態をチェックしたら、熱いうちに混ぜる、こねる。
  • 出来上がりを口に頬張って「ん~~っ うまぁ~~っ」

本当に美味しそうにコメント頂き、とても嬉しかったです。

↓写真は親子参加の方が作った「みたらし団子とあん団子」

13639410_1112789665462190_1390231044_o

 

8月は楽卓の教室 和菓子づくり 福岡開催はお休みです。
9月以降の詳細は後日ご連絡させていただきます。

よろしくお願いします。

わらび餅の”わらび”って何?

 

それは、原料が「わらび粉」だからです。

わらび粉は、この山菜のわらびから取れるデンプンを使うそうです。
ワラビの地下茎を叩いて、ほぐして、洗ってデンプンを取り出して乾燥させ、わらび粉を作ります。

4c4b3ad6f91b03ad89e99946b0d356e7_m

 

本物のわらび粉、100%わらび粉は、白くなくて、黒っぽいらしいです。
よく見るわらび餅は白っぽくて夏の季節に涼やかなお菓子としてピッタリですよね。
この白というか透明なのは、サツマイモやタピオカからとれたデンプンやくず粉を使っているそうです。

原料チェックして、どんな素材を使っているのかを興味出てきませんか?

もちもちっとして、プルプルっとしたわらび餅。
確かに、涼やかじゃないかもしれないけど、100%のわらび粉でわらび餅を作ってみたくなりました☺

打ち菓子を作ろう!(7/16)無事終了

7月16日(土)にIKEA Tokyo-bayでイベント「打ち菓子を作ろう!」は無事終了しました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

作ったお菓子は、打ち菓子2種類。

ダーラナホースの打ち型と4種類別々の型が入っている打ち型を使って打ち菓子を作りました。
ダーラナホースとは、スウェーデンは幸せを運んでくれるといわれる馬のことです。

事前予約不要の先着順で楽しんでいただきました。
受付は9時から、体験は9時半からスタート。9時の受付開始直後に、「これ、申し込めるんですか?」と。

その後も、「事前申し込みですか?」「子どもでも参加できますか?」「何時までですか?」などのお問合せをいただきました。

参加いただいたほとんどはお子様連れで、

  • お母さんがレストランでランチを購入している間を使って参加しているお父さんと娘さん。
  • 3人それぞれで「作りたい!」と真剣なまなざしで打ち菓子作りを楽しんでくれ3人兄弟。
  • お孫さんが作った打ち菓子を「一つ食べたいんだけど、よいかしら?」と聞くおばあちゃま。
  • 出来立てを一つほおばって「おいしい(^◇^)」といい、その後もどんどんと口に運んでいたお子さん。
  • 途中から、作る役はお母さん、お兄ちゃんは食べる役に替わっていたお子さん。

 

ダーラナホースの打ち型ともう一つ別の打ち型にぎゅぎゅっと詰めて、トントンと叩いて、ポン。
失敗したら、もう一度。(何度でもできるところも楽しいですよね)

ダーラナホースの打ち型は、足の部分が細いので、打ち出すのが少し難しいのですが、お子様の小さく細い指は細かい部分に打ち粉を入れるのにピッタリ。1回の参加で16個くらい作れます。

 

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

打ち菓子を作ろう!

IKEA TOKYO-BAY(旧:船橋) で打ち菓子づくりを行います。

開催日時:7月16日(土) 9:30~
開催場所: 2階 イケアレストラン&カフェ
対象: IKEA FAMILYメンバー 先着30名さま
参加方法: 当日先着順にて9:00より受付け
参加費: 300円/1名

よろしくお願いします。

詳細はこちらご覧ください。

団扇(うちわ)のこと

携帯ショップ、銀行、駅前、、、いろんなところで団扇を配っている時期になりました。
パタパタを仰いで、自然の風で涼んでいい気持です。

漢字で書くと「団扇」です。

団扇は古墳時代に中国から伝わったそうです。
そのころは、祭りごとに使われたり、位の高い人々が光などを遮るためにかざすものとして使われていました。
祭りごとでも使う、ということからも団扇は穢れや災いなどを払う力があると神聖なものとしてとらえられていたようです。

このころは「翳(さしば)」と呼ばれていたそう。
それが、中世・鎌倉時代になると庶民も団扇が広がり、くらいが高い人々の間では、高級な絹や皮を使った団扇が好まれたようです。

室町時代になると、扇や団扇をキャンバスにとらえて水墨画を描いたものも増えてきます。夏、軸の替わりに団扇を飾っているところもありますね。

近世、江戸時代に入ると、「あおぐ」ために「蚊を払う」ための道具として使われるようになったそうです。

 

漢字の「団扇」は中国語だそうです。「うちは(打ち羽)」に対応する文字として当てられたとか。

 

 

参考URL
「うちわ(団扇)」 の由来 http://www.yuraimemo.com/2850/
うちわの語源 http://www.maniserodelasalsa.com/etymology.html
語源由来辞典 http://gogen-allguide.com/u/uchiwa.html
団扇は、ただ「あおぐ」だけでないってご存知でしたか。 http://wanosuteki.jp/post_14283

 

七夕(しちせき)の節句

1年に5回ある「五節句」。
それぞれに花が当てられてます。季節ごとに邪気を払ってくれると考えられている植物です。

1月7日 : 「七草の節句」 七草粥で新年を祝う「人日(じんじつ)の節句」
3月3日 : 「桃の節句」 ひなまつりとして有名な「上巳(じょうみ・じょうし)の節句」
5月5日 : 「菖蒲の節句」 男の子の成長を祝う、こどもの日「端午(たんご)の節句」
7月7日 : 「七夕(たなばた)の節句」 おり姫、ひこ星の物語 笹
9月9日 : 「重陽(ちょうよう)の節句」 菊花の香りの酒で月をめでる

(5月5日に掲載した「こどもの日」http://latta.jp/notice/childrens-day/ にも掲載)

本来は、7月6日の夜に、願い事を書いた短冊を付けた笹竹を飾り、7日朝に川に流すそうです。

笹竹につるすのは、中国の習わし(乞巧奠(きつこうでん)が関係するようです。
竹竿に糸をかけて裁縫や習字などの習い事が上手になるように星に祈るとかなえられるというもの。

そして、実は、七夕の日、それは「そうめんの日」。

醍醐天皇の時代に、宮中の儀式・作法などをまとめた格式が3つあります。そのうちの一つに「延喜式(えんぎしき)」というものがあります。
その「延喜式」によると「そうめん」の原型といわれる「索餅」(さくへい)が、旧暦7月7日の七タの儀式に供え物の一つとして供えられたと記述してあるそうです。

それ以来、宮中における七夕の行事に「そうめん」が欠かせない供え物とされていたようです。1982年(昭和57年)に全国乾麺協同組合連合会は、7月7日「七夕・そうめんの日」と決めたそうです。

7月の和菓子づくり 受付中

7月は2種類の和菓子をつくります。(7月15日まで受付期間)

 

リクエストの多かったお団子。みたらし団子とあん団子です。
あん団子の「あん」は、 抹茶あん と 小豆あん の2種を作ります。
通常ですと作業時間はおおよそ1時間半程度ですが、今回はもう少しかかるかもしれません。作り終わったら、お菓子を眺めながら、お茶とおいしくいただきましょう。全部で2時間とちょっとをご予定ください。

毎回、ご参加いただいた方には、写真付きのレシピをお渡ししています。
みたらし団子、ぜひご自宅でご自身で作ってみてはいかがでしょうか。

 

小学生以上であれば、子連れ参加も可能です。お気軽にご相談ください。
親子参加の場合、一人分の材料であれば、料金も一人分でOKです。
※小学生2人連れで参加の場合は、2人分の料金になります。
※親子それぞれで参加される場合には、材料は大人も子どもも同じものを使いますので、それぞれ同一料金となります。

親子で一緒に和菓子づくりをするのも楽しいひと時と思います。

7月15日までが受付期間となっています。こちらよりお申込みください。

  • 開催日:7/23(土)、24(日)、25(月)
  • 作る和菓子 : 「みたらし団子とあん団子」 と「打ち菓子」
    (打ち菓子は一口サイズの型にはめたお菓子)
  • 所要時間 : 約2時間
  • 定員 : 最大5名(事前予約制 7/15まで)
  • 価格 : 1500円(材料費込み)
  • 開催場所 : 811-0112 福岡県糟屋郡新宮町下府1-10-47(駐車スペースは3台分あります)
  • 持ち物 : エプロン、ハンドタオル