3月の和菓子づくり 無事終了

3月の楽卓の教室 和菓子づくりは無事終了しました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

初回にもかかわらず、お子様から70歳代の年配の方々まで10名を越え、たくさんのご参加戴きました!

打ち菓子は材料を混ぜるところから作り、4種類の形を型に詰めて作り、
練り切り菓子「さくら」は4つ作りました。
作るにつれ、あんこを丸めるのがスムーズに、そして、「さくら」も綺麗に出来上がっていました。

とても真剣に、そして楽しそうに和菓子をつくる姿が印象的でした。

作り終わった後は、練り切り菓子「さくら」を1個と打ち菓子をお茶とともに楽しみました。
自分で作った和菓子はまた格別な美味しさです。

 

↓打ち菓子を作っているようす。

image13

 

↓練り切り菓子を作っているようす。

image15

 

↓こちらが、お持ち帰りパック。

image29

もう一回来ると上手になるかしら

楽卓の教室 和菓子づくり で 3月28日に参加された方の言葉です。

「もう一回来ると、上手になるかしら?」

 

お年は75歳。実はご近所さんです。私が赤ちゃんの頃からお世話になっている方。まだ幼く、泣いている私をあやしてくれた方。「はいはい。泣きなさい。泣きなさい。」と言って私をあやしてくれたらしい。(私は覚えてませんが。。)

いつもムードメーカーで、この方がいると場が和んだことを思い出します。

祖父の家を改装してこの「楽卓の教室」を行っていますが、そのことも全部ご承知のこの方。

「そうねー、ほんとおじいさんもよろこんでいるんじゃない? 人が集まってくることを何よりも好きな方でしたでしょう」って。。。そうです。そうです。祖父は人のために、誰かのために何かできないか。そればかりを考えていました。

歯に着せぬ話し方をされる方、その場にいる人達が笑いに包まれる方、ちょっとだけせっかちな方。
そんな方ですが、向上心が人一倍あるんだなぁと思った一言です。「もう一回くると。。。」。

確かに、練り切り菓子の「さくら」を包む行程で難儀な様子でした。
花びらの成形もちょっと苦手な様子でした。

難儀だから、苦手だからそこでやめる。 ではなくて、「もう一回」という心意気。
向上心がすごいなぁと思います。

楽卓の教室は「楽しんでもらう」「和菓子をもっと身近に感じてもらいたい」という気持ちで行っています。なので、上手になる事、早く作れることが目的ではありません。
ですが、この方の向上心は学ぶべき事があります。

 

「私さぁ、せっかちでしょう。 だから、なんか雑なのよね。」
→ええ。。。それは確かにそうかもしれません。でも、人一倍楽しんでくださっていて、本当に嬉しいです。

「身長ね1cmちょっとかな。縮んだの。」
→って。。。。ふとみると、常に姿勢が良いんです。それは、背筋がしっかりしているように思います。

「家ではなーーーんもせんのよ。だからね、楽しませてもらったの。ほんとに笑ったわー」
と言いながら帰って頂けました。心から楽しんでくださった様子。
私も本当に楽しかったです。ありがとうございます。

楽卓の教室 初めての和菓子づくりを終えました。楽しいひとときをまたみなさんと一緒に過ごせるよう、来月の和菓子を考え中です。

桃・栗3年、柿8年・・・・その続き

桃栗3年、柿8年に続きがあると聞きました。

ちょっと調べてみることに。 すると、ありますねー。いろいろと。

桃栗3年柿8年 柚子は9年
桃栗3年柿8年 柚子は9年でなりかねる
桃栗3年柿8年 柚子は9年でなりさがる 梨のバカめは18年
桃栗3年柿8年 柚子は9年の花盛り
桃栗3年柿8年 柚子は9年の花盛り 梅は酸いとて13年
桃栗3年柿8年 柚子は10年花盛り
桃栗3年柿8年 柚子は遅くて13年
桃栗3年柿8年 柚子の阿呆は13年
桃栗3年柿8年 阿呆の柚子は13年
桃栗3年柿8年 柚子の大馬鹿18年
桃栗3年柿8年 柚子の大馬鹿18年 銀杏の気違い30年
桃栗3年柿8年 柚子の馬鹿めは18年
桃栗3年柿8年 梅の13年待遠い
桃栗3年柿8年 梅は酸い酸い13年
桃栗3年柿8年 梅は酸い酸い13年 柚子は大バカ18年 林檎ニコニコ25年 女房の不作は60年 亭主の不作はこれまた一生 あーこりゃこりゃ
桃栗3年柿8年 梅は酸い酸い13年 梨はゆるゆる15年 柚の大バカ18年 ミカンのマヌケは20年
桃栗3年柿8年 梅は酸い酸い18年
桃栗3年柿8年 枇杷は9年でなりかねる
桃栗3年柿8年 枇杷は9年で登りかねる
桃栗3年柿8年 枇杷は9年で登りかね 梅は酸い酸い13年
桃栗3年柿8年 枇杷は9年でなりかかり 柚子の大馬鹿18年
桃栗3年柿8年 梨の馬鹿めが18年
桃栗3年柿8年 梨のつぶては18年
桃栗3年柿8年 のろまな梨は70年
桃栗3年柿8年 胡桃の大馬鹿20年
桃栗3年柿8年 林檎ニコニコ25年
桃栗3年柿8年 銀杏のばかやろ30年
桃栗3年柿8年 後家一年
桃栗3年柿8年 人の命は50年 夢の浮世にさ丶のであそべ
桃栗3年柿8年 9年面壁10年の苦界 有情非情のもの 苦かたる蛇のなきはなし

(ブログ遙かな世界より)

「桃栗3年」ってトクホ飲料のCMできいたことはあったけれど、続きの部分、ありすぎです。。。
そもそも、「桃栗3年、柿8年」の意味は、物事を成し遂げるにはそれ相応の時間がかかる。だから頑張れ!ってこと。

実際に桃や栗を種から育てると、実がなるまでに約3年、柿は6,7年 かかるらしい(アキバ博士の食農教室「食の知恵と文化」)から前半部分はだいたい合っているみたい。
が、後半部分が種類多すぎ。。。

柚やナシは”あほ”とか”大馬鹿”とか”のろま”とか言われてるし、ミカンも”まぬけ”とも、銀杏は”ばかやろう”って・・・・。
果物で統一されているものもあれば、「女房の不作は60年、亭主の不作はこれまた一生」というのもあり。面白い。
これって、男の人の方がたちが悪いってことでしょう(笑´∀`) まぁ、女も60年かかるっ相当ですけど。

桃栗3年柿8年の続きがこんなに沢山あるってことは、
「物事成し遂げるには、そう簡単にできない」ってことを面白おかしく言い伝えたかったんでしょうね。

3月の和菓子づくり 受付終了

3月の楽卓の教室 和菓子づくり は受付を終了いたしました。
お申込みありがとうございました!

  • 参加申込が完了した参加者のみなさん(代表者)へ確定メールをお送りしています。
  • 「メールが来ていない」「聞きたいことがある」などあれば、問い合わせフォームからご連絡ください。

今月は、練り切り菓子「さくら」と押し菓子の2種類の和菓子をつくります。

  • 作る和菓子 : 「練り切り菓子 さくら」4個 と「押し菓子」15個程度
    (練り切り菓子はお茶会などで使われるお菓子。 押し菓子は一口サイズの型にはめたお菓子)
  • 所要時間 : 1時間半程度
  • 価格 : 1500円(材料費込み)
  • 開催場所 : 811-0112 福岡県糟屋郡新宮町下府1-10-47
    (駐車スペースは3台分あります)
  • 持ち物 : エプロン

 

それでは、お待ちしています。

3月の練り切り菓子は「さくら」

 

気温の変化が目まぐるしいですが、日に日に春に向かっているように感じます!

 

「梅」と「桜」。どちらも開花予想が天気予報で出てくるくらい、日本人が好きな花。
これからの季節、春の花といえば、桜。ということで、3月の練り切り菓子は「さくら」を作ります

「さくら」といっても、花びらだけを作ったり、型押しや茶巾しぼりなどがありますが、
今回はヘラを使って形を作りましょう。

使う道具は、

  • 小皿、
  • 大皿、
  • スプーン、
  • こし網(もしくは茶こし 網の目があるもの)、
  • つまようじ、
  • ヘラ、
  • ラップ、
  • キッチンペーパー。

「へら」以外は、どれもご家庭にあるものではないでしょうか。

つまようじの頭は、実は●●にとっても便利、そして、
100円ショップで手に入る粘土ベラをご存知ですか?これが●●するときにとてもいいサイズ感なのです。

 

「さくら」を見に行くのもいいですが、今年は自分で作ってみませんか?
明日が申し込みの締め切りです。

 

申込はこちらから

 

「金彩」という加工の可能性

「金彩」という加工の可能性

 

産地ゴト展 vol.03 “京都” 金彩加工で作る着物地のアクセサリー に参加しました。

講師は、竹中金彩 竹中大輔さん。

金彩とは、箔や金粉を布地に接着する技術のこと。

今回は「型紙」を使い、特殊な接着剤をつけ、箔や金粉を着物の生地につけます。数種類の型紙を竹中さん自身が作ってくださっていました。

今回、ピンズとコンパクトを作りました。

まずは、ピンズを作ります。
柄は市松模様を、箔は金箔を選びました。型紙を使い、乾くと接着力がでてくるという専用のノリを付けてしっかりと乾かし、その上に箔を置きます。しっかりと圧をかけた後にそーっと箔をはがすと、、、市松模様にしっかりと着物生地に模様がつきました!

DSCN0965_s

この後、くるみぼたんを作るようにしでピンズに仕上げます。

続いてコンパクト作り。
背景とキャラクタの組み合わせです。だるまさんが草むらから覗いている様子を作りたかったので、 草 と だるま を選択。箔と金粉をそれぞれ使います。
だるまさんにはしっかりと赤の金粉を。たっぷりつけました。
まずは指でちょいちょいっと付けて、あとは筆でたっぷり、しっかり。余分な金粉を取り除くのは掃除機で。結構しっかりと吸い取っていましたが、柄はきちんと残っています。

DSCN0977_s

草むら用の箔はいろいろな色が混ざっているものをつけます。ピンズと同じ要領でつけて、、、いざ箔を外すと、、、

DSCN0981_s

キレイについています!コンパクトにはめ込んで、完成です。

「金彩」とは箔や金粉を使って、線や絵を着物につける手描き京友禅の一つの技法だそうです。詳しくはこちらにかかれています。→ これが最後の工程!化粧係と呼ばれる「金彩」

着物の仕上げに使われる技術がクルミボタンやコンパクトに応用すると、より身近に日本の伝統技術を感じられます。金彩についてもっと知りたくなりました。

 

今回のイベントは コトモノミチ@東京 で行われた 産地ゴト展 vol.03 “ 京都 ”

 

もっともっと日本の伝統の工夫された技術の背景にあるもの、一つ一つの技術の目的、歴史、そんなことを手で触れて五感で感じていきたいなぁと切に思います。

DSCN0986_s
出来上がったコンパクトとピンズ

 

3月の和菓子づくり 受付を開始

3月の「楽卓の教室」 和菓子づくりの申し込みページがたった今オープンしました。

現在お申し込みを受け付け中です。
本日より3月19日(土)までの7日間が申込期間です。

すぐに定員に達することはありませんので、お急ぎにならなくても大丈夫です。
ただし、26日(土)をご希望される方は、お早めにお申し込みください。(比較的、土曜日の時間をご希望される方が多いようです)

和菓子づくりのお申込みはこちらをクリックしてください。

開催日時間場所受付期間内容参加費 
3月26日 (土)10:00〜12:00福岡 糟屋郡新宮町3/13 - 3/19和菓子 2種1,500円申込期間終了
3月26日 (土)14:00〜16:00福岡 糟屋郡新宮町3/13 - 3/19和菓子 2種1,500円申込期間終了
3月28日 (月)10:00〜12:00福岡 糟屋郡新宮町3/13 - 3/19和菓子 2種1,500円申込期間終了
3月28日 (月)14:00〜16:00福岡 糟屋郡新宮町3/13 - 3/19和菓子 2種1,500円申込期間終了
3月30日 (水) 10:00〜12:00福岡 糟屋郡新宮町3/13 - 3/19和菓子 2種1,500円申込期間終了
3月30日 (水)14:00〜16:00福岡 糟屋郡新宮町3/12 - 3/19和菓子 2種1,500円申込期間終了

 

よろしくお願いします。

 

3月の和菓子づくりの受付を13日より開始します。

3月に行う楽卓の教室の受付を明日13日より開始します。

開催日時間場所受付期間内容参加費 
3月26日 (土)10:00〜12:00福岡 糟屋郡新宮町3/13 - 3/19和菓子 2種1,500円申込期間終了
3月26日 (土)14:00〜16:00福岡 糟屋郡新宮町3/13 - 3/19和菓子 2種1,500円申込期間終了
3月28日 (月)10:00〜12:00福岡 糟屋郡新宮町3/13 - 3/19和菓子 2種1,500円申込期間終了
3月28日 (月)14:00〜16:00福岡 糟屋郡新宮町3/13 - 3/19和菓子 2種1,500円申込期間終了
3月30日 (水) 10:00〜12:00福岡 糟屋郡新宮町3/13 - 3/19和菓子 2種1,500円申込期間終了
3月30日 (水)14:00〜16:00福岡 糟屋郡新宮町3/12 - 3/19和菓子 2種1,500円申込期間終了
  • おばあちゃん先生による和菓子づくり
  • 福岡
  • 糟屋郡新宮町にある一軒家で行います
  • 作る和菓子:練切菓子「寒椿」と打ち菓子「塩まん」
  • 開催日:12/1(金) ~4(月)受付期間:11/27(月)まで
  • 詳細